小森純、恐怖のメイクで渋谷に登場もゾンビ姿のスタッフを見て「マジ無理!」と絶叫

最新ニュース

『バイオハザードIV アフターライフ』“バイオの日”イベント
  • 『バイオハザードIV アフターライフ』“バイオの日”イベント
  • 『バイオハザードIV アフターライフ』“バイオの日”イベント
  • 『バイオハザードIV アフターライフ』“バイオの日”イベント
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のヒットシリーズの最新作『バイオハザードIV アフターライフ』が、日本で全世界に先駆けて公開されることが決定! 公開1か月前となる8月10日(火)を「バイオ(810)の日」とし、東京・渋谷109で公開記念イベントが実施され、若い世代にカリスマ的な人気を誇るモデルでタレントの小森純が映画をイメージしたメイクで登場した。

ウイルス感染によって荒廃した世界で、生き残った人間を探すために世界中を旅するアリスの旅路と戦いを描いた本作。物語の冒頭、ウィルスに感染し、“アンデッド”と呼ばれるゾンビたちがうごめく、崩壊した街として渋谷のスクランブル交差点が登場することから、この日のイベントは渋谷で開催された。

顔の右半分と右腕に“アンデッド”メイクを施した小森さんは「渋谷といえば、私、小森純じゃないですか。渋谷が大変なことになると聞いて、早速渋谷を守りに来たんですが、まず最初に私が感染しちゃいましたよ」と挨拶。小森さんのメイクを見た観客からは思わず悲鳴が漏れた。

イベント中、9月4日(土)、5日(日)の世界最速公開の告知ボードを持った、アンデッド姿のスタッフ20人が登場すると、小森さんは「マジ無理なんですけど…。近い! 近い! 本当に怖い」と絶叫。最後に「世界で最初に感染するのは渋谷です!!」と締めの言葉を言い放つやいなや、逃げるようにステージを後にした。

イベント後にはアンデッド20人が渋谷の街で、世界最速上映を知らせるスポーツ紙仕様の特別号を配布。さらに、午後8時過ぎにはスクランブル交差点の街頭ビジョンが一斉にジャックされ、ミラ・ジョヴォヴィッチのメッセージの入った特別映像が放映された。

『バイオハザードIV アフターライフ』は9月4日(土)、5日(日)の先行上映ののち、10日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top