『ハリー・ポッター』カウントダウンイベントにハリーたち3人からコメントが到着!

最新ニュース

『ハリー・ポッターと死の秘宝』ファイナル・カウントダウンイベント
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』ファイナル・カウントダウンイベント
いよいよ『PART1』、『PART2』の2部構成の最終章を残すのみとなった『ハリー・ポッター』シリーズ。11月19日(金)の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の公開まで100日を切った8月11日(水)、東京、大阪、札幌、名古屋、福岡の5都市で、ファイナル・カウントダウンイベントが開催され、主演のダニエル・ラドクリフらキャスト陣からの日本のファンに向けたメッセージ映像も上映された。

東京・新宿ピカデリーには、色とりどりの衣裳でキャラクターになりきった熱狂的なファン“ポッタリアン”たちが大勢詰めかけた。まずはこれまでに公開された6作のダイジェスト映像と最新作の予告編が上映され、ハリー、ロン、ハーマイオニーらのこれまでの戦い、そして成長を一同、感慨深げに見つめていた。

続いて、シリーズを通じてハリー、ハーマイオニー、ロンを演じてきたダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントから日本のファンに向けたメッセージ映像が映し出された。3人はそれぞれ「コンニチハ!」と日本語で挨拶。ダニエルは「この10年間をふり返り、ハリーと共に自分自身が成長したと実感しています。シリーズの集大成である『ハリー・ポッターと死の秘宝』にキャスト陣、スタッフ陣全員が全力投球しました」と胸を張った。

エマは「10年が経ち、ついにシリーズのクライマックスを迎えることが信じられません」とちょっぴり寂しげ。ルパートも同様に「すでに10年が経ったなんて信じられません」と語り「映画史上最高のファンタジー作品に参加できたことを本当に光栄に思います」と充実した表情を見せた。

その後、スクリーンに映し出されたキャストやスタッフのコメントを交えた最新作の特別映像では、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人が追いかけられて山道を全力で走り抜けるシーンが映し出され、負けず嫌いの彼らが誰よりも速く走ろうとしたというエピソードが明かされたり、ダニエルが「ぼくが一番速いよ」と語る様子も。

そして、カウントダウン時計の点灯式では、抽選で選ばれたハリーに扮した女性が会場全体の掛け声にあわせてボタンをON! 『PART1』公開まで残された時間を示す時計が時を刻み始めた。

ついに公開まで3か月を切り、今後、出てくるであろう作品にまつわる新たな情報も気になるところ。そしてダニエルらの揃っての来日はあるのか——?

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は11月19日(金)より、「PART2」は2011年夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top