ナベアツ 政界進出に前向き発言!?

最新ニュース

『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
  • 『さらば愛しの大統領』完成披露試写会 photo:Yoko Saito
お笑い芸人、世界のナベアツの監督デビュー映画『さらば愛しの大統領』の完成披露試写会が8月12日(木)、東京・新宿明治安田生命ホールで行われ、ナベアツ監督とW主演の宮川大輔、ケンドーコバヤシらが舞台挨拶に立った。

独立国家宣言をして“大阪合衆国”の大統領に就任することになったナベアツ大阪府知事への暗殺予告を受け、大阪府警の“迷”コンビ、キレやすい早川刑事(宮川さん)と女好きな番場刑事(ケンコバさん)が珍捜査を繰り広げる物語。ナベアツさんはCM監督の柴田大輔と共同監督を務め、初監督に挑んだ。

撮影現場の様子について司会者から聞かれたケンコバさんが「吹石一恵さん、釈由美子さんとかキレイどころの女優さんが監督たちと打ち合わせをしている隣で、エロ本を読むというダイナミックな遊びをさせてもらったんですけど…」。すかさず宮川さんも「『何読んでいるんですかー?』みたいなリアクションを期待したんですけど、スルーでした」と相手にされなかった様子で、揃って悔しそうな顔。ナベアツさんは「コバヤシくんは普段、嘘ばっかりつくけど、これは結構ホントです」と楽しげにふり返った。

さらに宮川さんは「結構走らされたシーンの後で、『監督、どうでした?』っていうのをやりたくて、聞きに行ったらナベアツ監督、寝てました、ビックリしました」と“大物”監督ぶりを暴露。ナベアツさんは「事実でございます、すみません」と神妙に(?)謝罪したが、「シリアスなシーンだったので柴田監督に任せていて。ここお笑い関係ないわって…」と言い訳。会場の笑いを誘った。

一方、柴田監督は「こう見えて、ナベアツさんが政界にうって出ることがあるかもしれない。その前打ちだと思っていただければ」と予告。ナベアツさんは「お話があれば、全然僕は…」と政界進出に前向きな姿勢をうかがわせたが、客席はパラパラと拍手が起こっただけで微妙な反応だった。

映画『さらば愛しの大統領』は11月6日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top