小島よしおの海パン披露に『特攻野郎』来日メンバー大ウケ

最新ニュース

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
  • 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ジャパン・プレミア photo:Yoko Saito
映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(ジョー・カーナハン監督)のジャパン・プレミアが8月16日(月)、東京・江東区のディファ有明で行われ、ブラッドリー・クーパーら“Aチーム”メンバー3人と“日本版Aチーム”として宣伝を務めるタレントの石田純一ら4人が初対面した。

米軍の型破りな特殊部隊4人組の破天荒な活躍を描いた80年代の人気ドラマの映画版。チームのリーダー、ハンニバルを今回、来日が叶わなかったリーアム・二—ソン。プレイボーイのフェイスをブラッドリー、モヒカン頭のメカニック専門家B.A.を米総合格闘家で俳優のクイントン・“ランペイジ”・ジャクソン、天才パイロットのマードックを南アフリカ出身のシャルト・コプリーがそれぞれ好演している。

日本版Aチームでは石田さんがハンニバル、歌手のISSAがフェイス、元格闘家の武蔵がB.A.、お笑いタレントの小島よしおがマードックを担当。試合では過去数回来日歴があるが、俳優としては初来日となったクイントンは「数週間前にウェブサイト(本作日本版公式サイト)で日本版Aチームの発表を見ました。武蔵さんは僕と同じで口が大きくて、似た感じだと思った」と自身の日本版には納得した様子。だが海パンがトレードマークの小島さんを指差すと「何でこの人が選ばれたの?」と絶叫し、さらに放送禁止用語を連呼。“指名”を受けた小島さんが周囲の制止を振り切り、スーツのズボンを下ろして「これのこと?」と下に履いていた自慢の商売道具、海パンを披露すると、ブラッドリーらは大ウケ。

さらにシャルトは「コンナノ、カンケイネエ?」と小島の代表的持ちネタのフレーズを口にし、小島さんを見つめてニコニコ。自身の芸がワールドワイドに浸透していた事実に小島さんは「おー、感動!」と喜び、ズボンを上げて海パンを封印したスーツ姿で「そんなの、関係ねェ」とナマ披露。司会者が「すみません…」と反応を気にして恐る恐る感想を求めると、ジョー監督が「ファンタスティック!」と拍手するなど、来日メンバーは大喜びだった。

さらにクイントンについて、武蔵は「試合はしたことないですが、何年か前に試合に向かうバスで一緒になった。そのクイントンさんがまさかAチームに入っているなんて!」と感激。後半、男臭いステージに、同シリーズのファン代表として登場したタレントの山本モナは、代表してブラッドリーに花束を手渡して、熱い抱擁と挨拶キス。ブラッドリーは「僕、何かの勝負に優勝した?」。モナさんから「すごくカッコイイです、うちのマネージャーが悶絶していました」と褒められると、「アリガト」と照れていた。

一方、妻でプロゴルファーの東尾理子と今月8日(日)に披露宴を行ったばかりの石田さんは、女性レポーターから子作りはがんばっている? と聞かれ、「ええ、特攻野郎です!」と軽快に答えた。

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』は8月20日(金)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。

(photo/text:Yoko Saito)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top