『ハナミズキ』向井理インタビュー 恋愛話は「得意じゃない」男が明かす愛情の形

最新ニュース

『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
  • 『ハナミズキ』 向井理 photo:Shinya Namiki
向井理は絵になる俳優だ。単なる見た目の格好良さだけではなく、ごく自然にその場に溶け込む感じとでも言うのだろうか。どんな色の背景でも、どんな色を掛け合わせても、そこに当たり前のように佇んでみせる──けれど、それは生まれながらの才能ではない。というのは「僕にとってのプライドは仕事を真面目にやること」。この言葉からも分かるように、真面目に取り組む姿勢が彼の強み。努力を惜しまないからこそ、どんな絵にも染まれるのだ。そして、歌手で作詞家の一青窈が9.11のテロ事件をTVで見て書いたという名曲の歌詞を基にした映画『ハナミズキ』では、新垣結衣の演じるヒロイン・紗枝に影響を与え続ける先輩・北見純一を演じている。決して出番は多いとは言えない役どころだが、スクリーンに映らない部分も丁寧に作り込む──そんな向井理の役者魂を紐解いてみた。

「北見は報道カメラマンを目指す大学生で、海外を飛び回ってはいるけれど、プロのカメラマンではないんです。なので、大学生のパートでは、いい意味で学生ならではの無責任らしさを出せたらいいなと。自分も大学生活を4年間送っているので、そのときのことを思い出してみたりもしました。けれど、大学生といってもどこにでもいるような大学生ではなく、北見がどんな性格なのか? それを考えることが重要で…」。そうして向井さんが脚本から汲み取った北見というキャラクターは「チャラいというか、フランクというか、そういうイメージですね(笑)」と説明する。
「登場シーンが限られているからこそ、最初の登場シーンはインパクトがないとダメだなとも思ったんです。あの人って何だったんだろう? と思ってもらえたら、後のシーンにつながりますよね。だから外見的なものではく(内面的な部分で)何を考えているのか分からない、何なんだアイツは? と印象に残る芝居を心がけました」。

一方、大学卒業後ニューヨークでカメラマンとして働く北見を演じるにあたっては、そこで生活する者がまとう空気感を出すため、ひとり街中を歩いたという。
「朝6時過ぎに起きて、7時には出掛けて、ホットドッグとコーヒーを買ってタイムズスクエアのオープンテラスで朝ご飯を食べて。なるべくホテルにはこもらず、毎日出歩くようにしていました。時間のあるときはミュージカルを観たり、五番街(マンハッタン)で買い物をしたり、セントラルパークに行ったり。最初はニューヨークって凄いなーと思っていたけれど、北見にとってはそれが日常のはず。だから僕もその環境を当たり前のものとして受け入れたくなったというか。風景の一部として空気のような存在として街を受け入れられたら、北見が(自分の中に)自然と出てくると思ったんです。あと、向こうの人はボディランゲージも大きいので、ニューヨークのパートではわざと身振りを大きくして、話し方も変えています」。初めての土地で感じたこと全てを役に反映させる。やはりストイックな人だ。

街歩きのお供はもちろんカメラだった。
「カメラマン役と言っても、実際に撮影するシーンはなかったのでカメラに触れる機会は少なくて…。でも、アングルって大事なんだなとか、必要なのはテクニックではなく感性なんだなって気づきました。どの風景を見ていてどこを切り取るのか──写真ってその人らしさが如実に出ますよね。東京にいるときは、友人でもあるカメラマンの蜷川実花さんとよく遊びに行ったりするんですけど、彼女の写真を見ると、自分には絶対に撮れないなっていつも思います。で、今回セントラルパークでリスとかを撮ってみたけれど、僕はやっぱりダメだなって思いました(笑)」。

また、どうしても聞いてみたかったのは、この映画のテーマのひとつである“10年の恋”について。「得意じゃないんですよね…」と、恋愛ネタになると言葉数が少なくなる向井さんだが、「この作品は恋愛だけの作品ではなくて、登場人物のそれぞれが自分自身の生き方を見つけていく物語。だから普段は恋愛ものは観ないけれど、違和感はなかったんです」と語り、役作りについてこう続ける。
「直接的には描かれていないけれど、北見と紗枝がニューヨークで再会して、あそこに行き着くまでのストーリー、お互いの家を行き来する仲になるまでのストーリーが当然あるわけですよね。限られたシーンの中でその2人の関係性をどう表現するかは演じ甲斐がありました」。

さらに、紗枝のような女性をどう思う? どんな女性に惹かれる? というプライベートな質問にも「僕はどちらかというと自分自身が前に立っていくタイプ。なので、お互いに支え合える相手がいいですね。紗枝のように夢を追いかけることは素晴らしいこと。もし好きな人にやりたいことがあるとしたら、それがどんなことであっても応援するのが恋人の役目だと僕は思っているんです。そういう意味では北見と自分は似ているかもしれないですね」と、恋の話は苦手と言いつつもしっかり応えてくれる。どこまでも真面目なこの性格、格好良すぎる、魅力的すぎる!

《photo:Shinya Namiki / text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top