生田斗真、司会のテキトー質問に「調べろよ(笑)!」とツッコミ ガッキーは感涙

最新ニュース

『ハナミズキ』初日舞台挨拶
  • 『ハナミズキ』初日舞台挨拶
  • 『ハナミズキ』初日舞台挨拶
  • 『ハナミズキ』初日舞台挨拶
歌手の一青窈の名曲を基に作られた映画『ハナミズキ』が8月21日(土)に公開初日を迎え、都内劇場で新垣結衣、生田斗真、向井理と土井裕泰監督による舞台挨拶が行われた。

新垣さん演じる紗枝と、生田さん扮する康平の10年におよぶ愛を描いた本作。新垣さんらが劇場後方の扉から姿を現すと、客席は拍手と大歓声に包まれた。司会を務めるTBSの赤荻歩アナウンサーが、本作が台湾、香港、マカオ、タイで公開されることが決定したと伝えると再び会場には拍手が沸きあがった。が…赤荻アナからキャスト陣への「(映画で描かれる)遠距離恋愛というのは、海外でもあるんでしょうか? 海外でどう受け止められるのでしょう?」という、質問ともつぶやきともつかない微妙なフリに一同は困惑。新垣さんは「言葉や文化の違いを越えて、受け入れていただければと思いますけど…」と首をかしげながら回答。生田さんは「超テキトーな質問だよ! ていうか調べろよ!」と鋭いツッコミを入れ、向井さんも「そうですよね」と苦笑交じりに頷き、会場は笑いに包まれた。

さらに、赤荻アナのむちゃぶりは続く。この場で生田さんと向井さんに、それぞれが演じる康平と北見の紗枝へのセリフの再現をリクエスト。生田さんは「結婚しよう」となぜか向井さんのセリフを借用し新垣さんにプロポーズ! 生田さんは「言ってみたかったんです。恥ずかしいですね」と照れくさそうな表情。これに負けじと(?)、向井さんが本家本元・北見の口調で「結婚しよう」と言うと、新垣さんは「ありがとう、純一」と返し、映画を観終わったばかりの観客はナマのやりとりに大満足の様子だった。

監督からはハナミズキの花言葉である“返礼”の思いを込めて、3人に花束がプレゼントされ、新垣さんは「胸を押さえていないと、いろいろこみあげてきそう…」と感激の面持ち。さらに、初日に集まった観客が、登壇陣への映画への“返礼”として、サプライズで映画の基となった「ハナミズキ」の歌を合唱でプレゼント。フルコーラスを歌い上げ、新垣さんは時折、観客の歌声に合わせ一緒に口ずさみながら聴き入っており、その目にはうっすらと光るものが。

歌い終わると客席からは、事前に手渡されていたハナミズキの花をかたどったボードがひらひらと振られ、それを見た新垣さんは「まさかフルコーラスとは…(笑)。撮影を通じて、いろいろなきれいな景色などを見てきましたが、いまが一番、きれいだと思います」と喜びを口にした。

向井さんも「こういう機会はあまりないことで、ここに立っていられる幸せを感じています。『ありがとう』という言葉はたった5文字ですが、すごいパワーを持った言葉なんだなと思います」と感激をかみ締めた。

『ハナミズキ』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top