板東英二が舞台挨拶乱入 相武紗季の“ふんどし祖父”の思い出に感動しゆでたまご贈呈

最新ニュース

『NECK ネック』初日舞台挨拶
  • 『NECK ネック』初日舞台挨拶
  • 『NECK ネック』初日舞台挨拶
  • ゆかりちゃん登場!
  • ゆらゆらと歩くその正体は実は…
  • 板東英二!
  • 今日も“絶口調”
  • ふんどし祖父の胸キュンエピソードを披露
  • 景品はやはりゆでたまご…
映画『NECK ネック』が8月21日(土)に公開を迎え、主演の相武紗季をはじめ、溝端淳平、栗山千明、平岡祐太らが出席しての舞台挨拶が行われたが、ここにサプライズゲストとして本作にも出演している板東英二が乱入し、会場を盛り上げた。

作家・舞城王太郎の原案を映像化した本作。お化けの製造に情熱を捧げる大学院生・杉奈(相武さん)の実験が巻き起こす恐怖体験、ドタバタが描かれる。壇上に上がった相武さんらは揃って公開を迎えた喜びなどを語ったが、続いて、ゲストとして、劇中に登場するお化けの“ゆかりちゃん”の来場がアナウンスされると劇場は暗転。客席脇の扉から、白い服に長い髪で顔を覆ったゆかりちゃんが現れるが、歩みがどこかぎこちなく、劇中では女性であるはずなのに明らかに男性のように見える…。不審がる相武さんらをよそに、ゆかりちゃんは壇上に上がり、自らカツラを剥ぎ取ると、そこに現れたのは板東さん! 板東さんの来場は登壇陣には全く知らされておらず、文字通りのサプライズ。驚く相武さんらをよそに板東さんは「どんだけ暑いねん、こんなん着せられて! 今朝、大阪から新幹線で来て、この後、東京ドームで巨人-阪神戦の解説や。どうせならこの格好で始球式やりたかったわ。(待っている間は)地下三階に入れられて冷房もなしや」と不満をまくし立て、会場は笑いに包まれた。

本作は夏にピッタリの“胸キュンホラー”ということで、夏のキュンとする思い出を尋ねると板東さんは、この日、甲子園での夏の全国高校野球大会が決勝を迎えることもあって、自らの甲子園での思い出話を披露…するも溝端さんに「野球やってらしたんですか? 趣味で?」などと返される始末…。

相武さんは同じ質問に「海で父と浮き輪で遊んでいたら、渦に巻き込まれたんです。そうしたら、ふんどしで日光浴してた祖父が気づいて助けに来てくれて、祖父にキュンとしました」と子供の頃の思い出を披露。このエピソードは板東さんから“大賞”に認定され、特製のゆでたまごを贈られた。相武さんは「感無量です」と語るも「これ、どこに飾るか本気で悩んでます」と少し困惑した表情を見せ、再び会場は笑いに包まれた。

『NECK ネック』はシネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top