水嶋ヒロ 『BECK』でのカツラ着用をカミングアウト

最新ニュース

『BECK』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『BECK』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『BECK』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『BECK』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『BECK ベック』の特別先行上映舞台挨拶が8月28日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリー1で行われ、主演の水嶋ヒロが劇中でカツラを着用していたことを公の場で初めてカミングアウトした。

同名人気漫画を原作に、バンドに青春をかける若者5人の姿を描いた本作で、水嶋さんはニューヨーク帰りの天才ギタリスト・南竜介に扮し、原作の竜介の髪型そのままの、肩下まであるワンレングスの長髪姿を披露している。衝撃の告白は挨拶のラスト。「先ほど友人の子供と電話で話をしていて『ヒロくん、髪型似合わないよ』って言われたんです。素直な子供に言われてショックを受けました」と苦笑いで告白。舞台上に立てられていた同映画のボードにある竜介を横目で見ながら「だから、この髪型はカツラだということを発表させてください。この作品のピースの1つとして夏の暑い日に付けて頑張ったので、みなさんの周りでそういうことを言う方がいたら『カツラを頑張って付けたんだ』と伝えてください」と切々と(?)呼びかけた。

一方、挨拶では水嶋さん、佐藤さんら“BECKメンバー”それぞれが、20〜30代に向けた応援メッセージを伝える同映画の新聞広告(21日付け全国紙で掲載)のパネルを紹介。それぞれの役柄に合わせて作成された広告のキャッチコピーが読み上げられる中、佐藤さんは『本当に平凡な人生だった…あの男に会うまでは』というコピーについて、「憧れってすごく大きいんだなと思いました。みなさんも人とかモノ? はないかもしれないけど、何かに憧れることが変わるきっかけになるかも」。

桐谷健太は、自ら『オレの場所は、いったいどこにある』と読み上げて観客の笑いを取りつつ「人と比べる必要はない。ありのまんまでいればいいってことですね。ホンマそう思います」。

桐谷さんに続いて向井理も自ら「自分の未来をあきらめたくない」と渋い声で読み上げ「(向井さんが演じた)平は心にポッカリ開いていた穴が、メンバーに会って埋められた。俳優もそうですが、人間はひとりだけじゃ作品は作れないってことですね」と語りかけていた。

この日の先行上映はピカデリー1、2、3の3スクリーンを史上初めてジャックし、約2,000人が鑑賞した。『BECK ベック』は9月4日(土)より全国にて公開。

水嶋ヒロ ロングインタビュー シネマカフェSweet「見つめられてドキっ」
http://www.cinemacafe.net/sweet/mizushima/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top