水嶋ヒロ、佐藤健らバンドメンバーの感謝の言葉に汗びっしょり!

最新ニュース

『BECK』初日舞台挨拶
  • 『BECK』初日舞台挨拶
  • 『BECK』初日舞台挨拶
  • 『BECK』初日舞台挨拶
映画『BECK ベック』が9月4日(土)に公開を迎え、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理らキャスト陣と堤幸彦監督が登壇しての舞台挨拶が行われた。

「9月4日という日はこれから忘れられない日になると思う」(向井さん)、「命を賭けてやりました。(初日を迎えて)素直に嬉しい」(桐谷さん)など、それぞれに初日を迎えた感慨を口にする中で、異彩を放ったのがコユキ(佐藤さん)とサク(中村さん)の同級生・弘美を演じた倉内沙莉。「みなさん、残暑お見舞い申し上げます! この映画を観て、私は原作を読み返したくなりました。みなさん、本屋へレッツゴーです!」とホワンとした口調で呼びかけ、会場はどよめいた。これに触発され(?)、堤監督も「気に入った方はもう一度、映画館にレッツゴーです!」と語り笑いを誘った。

キャスト陣に劇中のオススメのポイントを尋ねると水嶋さんは「スペシャルゲストを探すのが楽しみだと思います。一人挙げるなら、有吉さんとか」と“隠れゲスト”の存在を見どころにあげた。佐藤さんは、自身と真帆役の忽那汐里のキスシーンについて「本当に申し訳ありません」となぜか謝罪を連発しつつ「キスの瞬間、後ろの信号が青から黄色、赤に変わるんです」とかなり細かいシーンに言及。桐谷さんは、自身が演じる千葉が働くラーメン屋の店主の「前髪に注目してほしい」とのこと。

また、中村さんはエンドロールにも表示されない、自身が特別に声優を務めたシーンの存在を告白。「平くん(向井さん)のバンドがライヴの後に帰るとき、竜介(水嶋さん)が入ってくるんですが、そのときの平くんの後ろにいるバンドメンバーの声をやってます」と明かした。そのセリフはと言うと「あっ」というひと言のみ! 堤監督曰く「たまたまです。そこにいたから」。向井さんは八王子のスタジオでの撮影に触れ「たまたま、マキシマムザホルモンさんがそのスタジオで練習されてて、監督が交渉して出てもらいました」と明かした。

カンニング竹山はコユキにギターを教える斎藤を演じたが「斎藤研一を演じました…」と自己紹介した直後、「いま、隣りで向井くんが『研一っていうんだ…』って言いました」と寂しそうに“告発”し会場は笑いに包まれた。

最後に佐藤さん、中村さん、桐谷さん、向井さんからリーダーとしてバンド、そして撮影を引っ張った水嶋さんにひと言。「また共演してください」(佐藤さん)、「超好きです」(桐谷さん)、「今日という日を迎えられたのは水嶋さんのおかげです」(中村さん)、「またメシ食いに行きましょう」(向井さん)といった仲間たちの言葉に水嶋さんは「何とも言えません…まさかの流れですね」と汗びっしょりで照れくさそうな表情を浮かべていた。

『BECK ベック』は全国にて公開中。

水嶋ヒロ ロングインタビュー シネマカフェSweet「見つめられてドキっ」
http://www.cinemacafe.net/sweet/mizushima/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top