ガッキー&生田斗真 仲良く沖縄と釧路のお土産交換

最新ニュース

『ハナミズキ』追加舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ハナミズキ』追加舞台挨拶 photo:Yoko Saito
新垣結衣、生田斗真が9月9日(木)、映画『ハナミズキ』のメガヒット返礼“遠恋”舞台挨拶ツアーを敢行。沖縄、釧路、東京・渋東シネタワーの3劇場を回った。

先月21日(土)の公開から19日間(9月8日現在)で、観客動員162万人突破、興行収入20億円とメガヒット中。その返礼でこの日、新垣さんは自身初となる故郷の沖縄・那覇市内のシネマQ、生田さんも自身の故郷で本作の舞台にもなった北海道・釧路のWM釧路で土井裕泰監督と挨拶に立ち、渋東シネタワーで合流と、劇中で描かれる遠距離恋愛ならぬ、約2,500キロメートルを股にかけた“遠恋挨拶”を体験した。

それぞれ買ってきたお土産を手渡し。新垣さんは生田さんと土井監督へシーサーの置き物、さとうきび、シーサーのTシャツをプレゼント。「まさかシーサー?」と苦笑いの生田さんに、新垣さんはすねたような表情で「シーサーでしかないです!」と仲睦まじいやりとりを見せた。生田さんから劇中にも登場した船の模型をプレゼントされると、新垣さんは「ふざけてすみません」と自身のお土産にちょっぴり後悔の念をにじませつつ、「(模型は)劇中でずっと持っていて、愛着があったのですごく嬉しいです。ありがとうございます」と真顔で喜んだ。

土井監督は2人へ宛てた手紙を読み上げた。生田さんへは「きみの現場での我慢と努力は実を結んでいます」と労いつつ「言い忘れたダメ出しがあるので来週飲みましょう」。新垣さんへも「あなたの輝きは多くの人の中に残ると思う。自信を持って次の一歩を踏み出してください」と激励しつつ、シメで「来週飲みましょう」。新垣さんは「この作品で、ひとつの繋がりができたような気がする。来週の飲みの約束もできて嬉しい」としみじみ。「劇中の言葉を借りて、みなさんと大切な人、大切に思うことが100年続きますように」とメッセージを送っていた。

『ハナミズキ』は全国東宝系にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top