溝端淳平が映画初出演DAIGO絶賛「いい加減そうに見えて真面目」

最新ニュース

『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『君が踊る、夏』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『君が踊る、夏』(香月秀之監督)の初日舞台挨拶が9月11日(土)、東京・銀座の丸の内TOEI1で行われ主演の溝端淳平、共演の五十嵐隼士、DAIGO、ヒロインの木南晴夏らが出席した。

高知を舞台に、5年ぶりに一時帰郷したプロカメラマン志望の青年・新平(溝端さん)が、元恋人の香織(木南さん)の妹で難病に冒された少女・さくら(大森絢音)の夢を叶えるため、親友の司(五十嵐さん)らとひとつになり、よさこい踊りに情熱を注ぐ姿を描く物語。

溝端さんは「この映画はたくさんの人に支えられてできた。僕は主演なんだけど、いままでで一番、人にお世話になった。感無量です」。木南さんは「この日が待ち遠しくて、やっと迎えられて嬉しい」と感極まって涙をポロリとこぼすなど、それぞれ感激しきり。前日に高知で舞台挨拶に立ち、この日の早朝、帰京したという五十嵐さんは「高知はすごい盛り上がっていました」と報告した。

一方、新平の先輩役で映画初出演を果たしたDAIGOさんは「よさこいウィッシュ! 半端ないんで」と軽妙トーク。司会者から役との共通点を聞かれると、「役作りに悩んでいたら、監督から『そのままでいい』って言われたので、共通するところは多いですねぇ。チャラチャラしているけど熱い奴なんで」と自然体の演技をPR。

溝端さんはDAIGOさんとは撮影以来、約1年ぶりの再会ながら「1週間前に会ったような感じ」と親しみを寄せ、「DAIGOさん、いい加減そうに見えちゃうかもしれませんが、すごく真面目でお芝居に真摯に向き合っていて、素敵な人です」と絶賛。DAIGOさんは照れ笑いしながら「ぶっちゃけ、テンパっているときがあったんですが、淳平くんが話しかけてくれて、助かりました」と感謝の気持ちをお返し。男の友情をにじませる爽やかなやりとりで、会場の温かい笑いを誘っていた。

『君が踊る、夏』は全国東映系にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top