金獅子賞はソフィア・コッポラ作品!“元カレ”タランティーノ感激? 日本勢は無冠

最新ニュース

ソフィア・コッポラ監督作『SOMEWHERE』に金獅子賞 photo:Ayako Ishizu
  • ソフィア・コッポラ監督作『SOMEWHERE』に金獅子賞 photo:Ayako Ishizu
第67回ヴェネチア国際映画祭は、11日夜、(現地時間)作品賞にあたる金獅子賞にソフィア・コッポラ監督の『SOMEWHERE』(原題)を選んで閉幕した。

授賞式後の会見で、父フランシス・F・コッポラ監督に報告をしたかと聞かれたソフィアは「すぐに両親に電話をしたら、とても感激していたわ。イタリア系である私たちにとって、イタリアの映画祭で賞をもらうことは、特別なこと」と語った。

ソフィアの名前を呼ぶ際、審査委員長であるクエンティン・タランティーノが、「この人にこの賞を贈ることが出来るなんて…」と言いながら涙ぐむそぶりを見せるなど、あまりに芝居がかっていたため、一部のプレスからは失笑が出ていたが、作品自体は本命の1本で、納得の受賞となった。ちなみにタランティーノにとってソフィアは元恋人。現在は仲の良い友人だという2人はステージで、抱き合って喜びを分かち合った。

会見で、ドイツ人記者から「あなたはアジア映画のファンだが、アジア映画が1本も受賞していないのははなぜか?」と聞かれたタランティーノは、「実際、審査員はみんな三池の作品(『十三人の刺客』)を気に入っていた。しかし、どうしても賞をあげられない場合もある」と答えた。

また、男優賞は『ESSENTIAL KILLING』(原題)でタリバンの兵士を一言も発さずに演じきったヴィンセント・ギャロが受賞。しかしギャロはヴェネチア入りしていたものの、自身の監督作の会見やレッドカーペットもキャンセルするなど、最後まで公の場に姿を見せることはなく、相変わらずの変わり者ぶりだった。

<主な受賞結果>

金獅子賞(作品賞)『SOMEWHERE』(ソフィア・コッポラ監督)
銀獅子賞(監督賞):アレックス・ド・ラ・イグレシア(『BALADA TRISTE DE TROMPETA』)
脚本賞:『BALADA TRISTE DE TROMPETA』(アレックス・ド・ラ・イグレシア)
審査員特別賞:『ESSENTIAL KILLING』(イエジー・スコモリフスキー監督)
男優賞:ヴィンセント・ギャロ(『ESSENTIAL KILLING』)
女優賞:アリアーヌ・ラベッド 『ATTEMBERG』
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞):ミラ・クニス (『ブラック・スワン』

《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top