「ゴシップガール」のチャックが『リトル・ランボーズ』でもイケメン傲慢男に!

最新ニュース

『リトル・ランボーズ』 -(C)  Hammer&Tongs,Celluloid Dream,Arte France,Network Movie,Reason Pictures
  • 『リトル・ランボーズ』 -(C)  Hammer&Tongs,Celluloid Dream,Arte France,Network Movie,Reason Pictures
インディペンデント作品ながらも英国アカデミー賞へのノミネートをはじめ、世界中で高い評価を受け、日本でも10月に公開を迎える『リトル・ランボーズ』。主人公の少年とその親友を演じた2人の子役の演技が絶賛を集めているが、その主人公の兄役として、若い層に大人気のあの俳優が出演していることも話題に——。

厳しい規律の下で育てられた少年・ウィルが学校きっての問題児・カーターと出会い、生まれて初めて観た映画『ランボー』に触発されて始めた映画製作の中で、友情を深めていく姿を描いた本作。カーターの兄・ローレンスを演じているのは、人気TVドラマ「ゴシップガール」のチャック役で大ブレイクを果たしたエド・ウェストウィックである。

「ゴシップガール」でエドが演じているチャックは、億万長者のホテルオーナーを父に持つ典型的なお坊ちゃん。自己チュー&ナルシストという、いけ好かない2大要素を兼ね備えた“悪魔的”とまで形容される男である。今回の『リトル・ランボーズ』ではカーターの兄を演じているが、この役もかなり悪魔的! カーター&ウィルをしっかりといじめる役どころとなっており、監督はオーディションに現れたエドを見た瞬間、「かっこよくて傲慢なローレンスにピッタリ!」と思い、即決したとか。

エド自身の俳優デビューは2006年で、「ゴシップガール」『リトル・ランボーズ』に参加した当時、決して俳優経験が豊富とは言えない時期だったが、よほどこういう役が合っているのか…? ニューヨークのマンハッタンにある名門私立高校と80年代のイギリス、と全く舞台は違えど、いずれの作品でも“傲慢なかっこよさ”を存分に発揮してくれている。

決して大作ではないが、脇役のキャスト陣にまで注目の『リトル・ランボーズ』。公開は10月下旬、谷シネクイントほか全国にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top