桐谷健太が即興でラップ披露! 男たちで埋まった客席は大興奮

最新ニュース

『BECK』舞台挨拶
  • 『BECK』舞台挨拶
  • 『BECK』舞台挨拶
9月16日(木)、東京・新宿ピカデリーにて公開中の映画『BECK ベック』の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、桐谷健太が劇中同様にラップを披露し会場をわかせた。

累計発行部数1,500万部を誇る同名漫画を原作に、音楽の世界でのし上がっていこうとする若者たちの姿が描き出される。劇中、桐谷さんが演じたのはバンド「BECK」のムードメーカー的存在と言えるラッパーの千葉。この千葉が男性層の熱い支持を集めていることもあり、この日の客席は異例の“男性限定”。桐谷さんが登場すると、通常の女性客が目立つ舞台挨拶とは違った、低い歓声が響き渡った。

桐谷さんも異様な(?)光景に「わーすげー!! 本当に男だけですか? 初めての経験です」と興奮気味。劇中、千葉が楽曲「EVOLUTION」を歌うシーンは6回あるが、全て桐谷さん自身が、自分の声で熱唱している。この日は、桐谷さんにラップを指導したKOJIも姿を見せたが、撮影中の秘話として「一度レコーディングで『EVOLUTION』を録音したんです。でも、録った後に桐谷さんがわざわざ電話をしてきて、「俺、言葉を追ってしまって、気持ちが乗らなかった。俺、もうちょっと出来る!』って。それから『もう1度やろうか』ということになって、録り直し、劇中の『EVOLUTION』が生まれました」と千葉さんの真剣エピソードを明かしてくれた。

そしてこの日も桐谷さんは壇上で急遽、予定になかった生ラップを披露! これには男性で埋まった客席も大興奮で、大きな拍手がわき起こった。

『BECK ベック』は全国にて公開中。

水嶋ヒロ ロングインタビュー シネマカフェSweet「見つめられてドキっ」
http://www.cinemacafe.net/sweet/mizushima/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top