【ハリウッドより愛をこめて】ウディ・アレンがぼやき節! マイケル遺児は学校へ?

最新ニュース

『Midnight In Paris』撮影風景 -(C) AFLO
  • 『Midnight In Paris』撮影風景 -(C) AFLO
みなさん、こんにちは! 秋の訪れを感じていますか? L.A.ではいまだに一日中暖かい日が続いていますが、最近は朝の空気がとても冷たくなってきました。それはさておき、ゴシップの時間です!

先ごろ、ウディ・アレンが世界で一番大好きな街、自身のホームタウンでもあるN.Y.での映画撮影は高過ぎる! とぼやいていたというニュースが上がっていましたね。監督によれば、最近の撮影金額だったら「1979年の『マンハッタン』は“ビッグ・アップル(ニューヨーク市の愛称)”で撮影することはできなかっただろう」とのこと。さらに監督は、自身の製作する作品の多くは予算がとても少ないため、N.Y.で撮影ができないのならバルセロナで撮影するしかない、とも示唆しました。でもウディ! それじゃ全く違う作品ができ上がるわよ!

とにかく、近年の彼の作品がヨーロッパで撮影されてきた理由の一つでもあるのだそう。それから彼はハリウッドのビッグネームたちと製作することについても言及し、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、アントニオ・バンデラス(最新作『You Will Meet a Tall Dark Stranger』に出演)らの名前を挙げ、スペイン人の俳優こそが世界一だとも述べました。ウディ・アレンは現在、最新作『Midnight In Paris』をパリで撮影中で、こちらの作品にはフランスのファーストレディ、カーラ・ブルーニも、小さな役でですが登場します。

さて、ペネロペと言えば、夫のハビエル・バルデムとの間に、待望の第一子を身ごもっていることが発表されたばかり! オスカー女優として広く愛されるペネロペですが、現在妊娠4か月半とのこと。彼女の妊娠が『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作『Pirates of the Caribbean:On Stranger Tides』(原題)の撮影にどのような影響を及ぼすのか…? 気になるところですが、おめでたい話ですね。きっと2人の子供はすっごくかわいいのでしょうね。そう思いませんか?

続いて、“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンの楽曲ダウンロード数が、史上最多であることが発表されました。もちろん、その事実自体に驚きはありませんが、興味深いのはそのダウンロード数の26%がインドで行われていること! 次いでイギリス、ドイツ、オランダ、フィンランドということでしたが…、このトップ5に日本がいないなんて驚きです。

マイケルと言えば、彼の子供、パリスとプリンスはこれまで家庭で授業を受けていましたが、この秋からL.A.にあるバックリースクール(The Buckley School)という一流のプライベートスクールに通うようです。とは言え、彼らの身の安全を心配した祖母が2人にボディガードをつけ、彼らの行く先々について回るのだそう。ボディガード付で、彼らはどれだけ普通の学校生活を送ることができるのでしょうか…!? 一方では、数日前、マイケルの母親がマイケルの死に関して過失があったとして、マイケルが予定していたライヴ公演を企画した「AEG」に対して訴訟を正式に起こしました。“キング・オブ・ポップ”の死にまつわるドラマと訴訟がまだ続くようで…。



写真は『Midnight In Paris』撮影風景。左からカーラ・ブルーニ、オーウェン・ウィルソン、ウディ・アレン監督。

© AFLO
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top