『シングルマン』コリン・ファースにトロントで新たな注目! 日本との意外な繋がりも

最新ニュース

『シングルマン』 -(C) 2009 Fade to Black Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • 『シングルマン』 -(C) 2009 Fade to Black Productions, Inc. All Rights Reserved.
  • コリン・ファース photo:Steve Carty
カリスマファッションデザイナー、トム・フォードの初監督作として注目を浴びている『シングルマン』が日本でもまもなく公開となるが、本作に主演しアカデミー賞主演男優賞にもノミネートされたコリン・ファースに新たに熱い注目が集まっている。

つい先日、閉幕したトロント国際映画祭にて、最高賞に相当する観客賞に『The King's Speech』(原題)が選ばれたが、コリンは本作に主演。物語は戦時下のイギリス国民を励ますため、吃音症の克服に取り組む姿を描いており、コリンは兄の退位により即位することになった国王・ジョージ6世を好演している。トロント国際映画祭では他の国際映画祭のように審査員による賞の選出は行われないものの、ここでの評価は今後の賞レースに大きな影響を与えるとも言われており、昨年の観客賞を受賞した『プレシャス』は最終的にオスカーでは助演女優賞(モニーク)と脚色賞を受賞している。この点から見ても、早くもコリンの2年連続オスカーノミネートおよび悲願の受賞を期待する声も!

コリンと言えば2枚目役も含め、数々の役柄をこなしてきたイギリスの正統派俳優。『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズに『ラブ・アクチュアリー』、『マンマミーア!』と話題作で存在感を示し、日本でも映画ファンの間で高い人気を誇る。つい先頃、イギリスのジーンズブランドが女性1,500人を対象に行ったアンケート投票では“イギリスで最も魅力的な男性No.1”にも選ばれている。

『シングルマン』では愛するパートナーを失ったゲイの大学教授を演じ、彼の抱える喪失感や悲哀を繊細に表現し絶賛を浴びた。昨年のヴェネチア国際映画祭をはじめ、英国アカデミー賞など数々の主演男優賞を受賞、ゴールデングローブおよびオスカーにもノミネートを果たした。

余談だが、実はかなりの日本びいきで日本食が大好きなのだとか! 来日した際に寿司屋で白子を食べて大好物になったということで本人曰く「日本に行ったときに、寿司屋で白子を見たけど、最初は、膀胱かと思ってしまった。味覚と想像力は切り離せないものけど、僕は食べ物に関しては冒険するタイプだからね。それで試してみたら、すごくおいしかったんだよ」とのこと。

長いキャリアの中で、過去の来日はたった2度。だが『シングルマン』に続いて『The King's Speech』(原題)が俄然、注目を集め始めたことで今後の来日にも期待が! ぜひ日本で美味しいお寿司を食べてもらいたいところだ。

『シングルマン』は10月2日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

美しき男たちvol.1 『シングルマン』を彩るファッションと美学
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/column/2010/09/9059/

美しき男たちvol.2 『シングルマン』から見えてくる“時代”


vol.3 9/28 coming soon
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top