イヴ・サンローランのドキュメンタリーがトロントで受賞 日本公開も決定

最新ニュース

『YSL L’AMOUR FOU 狂おしい愛』
  • 『YSL L’AMOUR FOU 狂おしい愛』
先日まで開催されていたトロント国際映画祭で、ファッションデザイナーのイヴ・サンローランの姿を追ったドキュメンタリー作品『YSL L'AMOUR FOU 狂おしい愛』(仮題)が国際批評家連盟賞を受賞。日本での来年の公開も決まり、今後話題を呼びそうだ。

クリスチャン・ディオール、ココ・シャネルらと共に20世紀のファッション業界を牽引し、“モードの帝王”の異名をとったイヴ・サンローラン。2002年の引退まで第一線で活躍。2008年に惜しまれつつこの世を去るも、翌2009年の11月にパリで開催されたオークションでは、愛犬のブルドック・ムジックも見守る中で世界中から集められたプライベートの美術品、工芸品が披露され、死してなおその強烈なる存在感を示し、大きな話題を呼んだ。

常に人々を魅了するデザインを発表し続けてきた彼だが、デザイナーとして屈強なる精神を有する一方で、その素顔は繊細。そんな彼のビジネスパートナーで、最愛の人物でもあり、半世紀もの月日を共に歩み続けたピエール・ベルジェが、今回の映画ではブランドの歴史、イヴの無防備な素顔、そして彼が残した飾りのない言葉を明かす。さらに、ベルジェ本人も驚いたという、初めて公開される映像や写真も! 別荘に集められた骨董品、美術品の数々、コレクションの裏舞台、デザイン画等をふんだんに収め、初の“公式ドキュメンタリー”として、イヴ・サンローランとベルジェが歩んできた愛と苦悩の日々が描き出される。

ファッションデザイナーに焦点を当てた作品といえば、昨年から今年の初頭にかけて、ココ・シャネルを主人公にした作品が『ココ・アヴァン・シャネル』『ココ・シャネル』『シャネル&ストラヴィンスキー』と3本も公開され注目を浴びた。また、ファッション業界の裏を映し出したドキュメンタリーでは、米版VOGUE編集長、アナ・ウィンターにスポットを当てた『ファッションが教えてくれること』も記憶に新しい。今回の『YSL L'AMOUR FOU 狂おしい愛』は先述の通り、秘蔵映像を含んだドキュメンタリー作品。カリスマの軌跡、真実を捉えた作品として、映画界・ファッション業界共に今後話題を呼びそうだ。

なお今回、トロント国際映画祭は本作に対して「『YSL L'AMOUR FOU』は世界的に名声のあるアーティスト、イヴ・サンローラン氏の人生とあの時代を痛切に、そして感動的に映画的表現をもって描いている。サンローラン氏本人のありのままの寂しさ、芸術的上音を探求した素晴らしい作品である」とのコメントを発表している。

監督を務めるのは、写真家であり美術造形家のピエール・トレットン。天才デザイナーの生の言葉は、彼亡き後の現代社会に何を投げかけるのか——? 

『YSL L'AMOUR FOU 狂おしい愛』は2011年公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top