市川知宏、松坂桃李…次世代イケメン集結 TBS新ドラマ「クローン ベイビー」会見

最新ニュース

「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  •  「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
  • 「クローン ベイビー」制作会見 photo:Yoko Saito
TBS系新深夜ドラマ枠第1弾「クローン ベイビー」の制作発表会見が10月6日(水)、東京・渋谷区のKDDIデザイニングスタジオで行われ、連ドラ初主演の市川知宏らブレイクが期待されるイケメン俳優陣ら12人が出席した。

同じ遺伝子を持つクローンたちが互いに引き寄せ合いながらも、排除し合おうとする駆け引きと壮絶なバトル“イスとりゲーム”を描くヒューマンサスペンスで、金曜深夜0:20から30分間、新たに編成されたドラマ枠で放送。主要キャスト6人は、USTREAMで完全生中継されたオーディションを勝ち抜いて選出された若手注目株揃い。
 
第21回「ジュノンスーパーボーイ」グランプリ出身の市川さんは「不安とプレッシャーがありますが、挑戦しながら頑張っています」と緊張気味に挨拶。だが作品にちなんで、司会者から誰かのクローンになれるなら? と聞かれると「真剣にウサイン・ボルト。人類で一番の速さをちょっと体験したい。トラックではなく環七とか甲州街道の歩道を走って。あの速さで人のリアクションとか見えるのかな?」とユニークな回答で会場の笑いを誘った。フジテレビ系ドラマ「GOLD」に続くドラマ出演の松坂桃李は「大好きな堤真一さんになりたい。役によって演技が幅広いので、芝居にどう挑んでいるのか知りたい」と俳優業への強い意気込みをのぞかせた。
 
一方、同ドラマでは、史上初めて、J:COMオンデマンドで本放送前に先行有料配信されている(10月5日(火)スタート 毎週火曜配信/各話210円)。この日の会見は一般のファンにも公開され、市川さんは「先行配信で見た人が広めて、という感じで活用していただきたい」と女性ファンに宣伝をお願いしていた。ほかに、第22回「ジュノンスーパーボーイ」グランプリ出身でドラマ初挑戦の稲葉友、「キャンパスター★H50 with メンズノンノ」でメンズノンノ賞を受賞し、今年デビューした菊田大輔らが出席。

ドラマ「クローン ベイビー」は10月8日(金)放送開始(金曜深夜0:20〜/初回は0:35〜)。

《text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top