江口洋介&蒼井優主演映画の主題歌に福岡の路上から駆け上がった新人歌姫を大抜擢!

最新ニュース

『洋菓子店コアンドル』の主題歌を歌うももちひろこ -(C) 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
  • 『洋菓子店コアンドル』の主題歌を歌うももちひろこ -(C) 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
映画『洋菓子店コアンドル』の主題歌が、21歳の新人シンガーソングライター、ももちひろこのデビューシングル「明日、キミと手をつなぐよ」に決定! ももちさん、深川栄洋監督、そして主演の蒼井優のコメントが到着した。

蒼井さんと江口洋介のW主演による本作。かつて“天才”と謳われたパティシエ・十村(江口さん)と、恋人を追って鹿児島から上京して来たなつめ(蒼井さん)が出会ったのは街角の洋菓子店。十村が常連客として訪れ、ひょんなことからなつめが働くことになったこの評判の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」で、宝石のような“スイーツ”をスパイスに、人生の挫折と再生がキュートに、そして切なく描き出される。

デビュー曲でいきなり映画主題歌という大抜擢を受けたももちさんは、偶然にも蒼井さんと同じ福岡出身。現在も福岡に在住し、路上やカフェ、ライヴハウスで精力的に活動している。昨年開催された新人オーディション「CHANCE!09」で応募総数およそ1,000組の中からグランプリに選ばれる実力の持ち主で、その歌声が本作のプロデューサーの耳に止まり、このたびの主題歌タイアップが決定した。

映画の公開と同時期にリリース予定のこの主題歌「明日、キミと手をつなぐよ」について、蒼井さんは「わたしたちが作ってきた二時間のストーリーをやさしく包み込んでくれる。そんな歌です」と感想を寄せてくれた。

メガホンを取る深川栄洋監督も「あるフレーズが僕のササクレタ心に引っ掛かりました。『繰り返す毎日の中で、見失いそうになる』という言葉。それは何を指すんだろう? 前に前に進もうとする若い“エネルギー”と、『その先に何があるの?』と、先に進むことを拒みたくなる現代っ子の自分。映画が終わると流れてくる主題歌は、好きではありません。夢の中で生きていたのに、目を覚ましなさいと号令がなる装置。でも、この曲は違う。もう、外の世界に出ておいで…と優しい気持ちで迎えられました」と独特の表現で絶賛する。

ももちさん自身は、この楽曲について「映画の中の身近な存在のおかげで少しずつ前を向いていく十村さん(江口さん)に自分を重ねながら作りました」と語っており「この曲を聞いて地元・福岡のみなさんや、たくさんの方に大切な人とのつながりをもう一度、再確認してもらえたらしあわせです」とのメッセージを寄せてくれた。

見ているだけで幸せな気分にさせてくれるスイーツ。十村、なつめ、そして周囲の人々が織りなす物語に21歳のシンデレラガールが優しい歌声を降り注ぐ!

「明日、キミと手をつなぐよ」は2011年2月9日(水)リリース。『洋菓子店コアンドル』は2月11日(金・祝)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

© 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top