藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、北大路欣也ら、現金1億6,128万円と豪華舞台挨拶

最新ニュース

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』レッドカーペット&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみらが10月7日(木)、東京・新宿区の新宿ピカデリーで行われた映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(中田秀夫監督)のプレミア試写会に出席。現金1億6,128万円と共に舞台挨拶に立った。

ホリプロの創業50周年を記念して製作された作品で、作家・米澤穂信の小説を原作に、時給11万2,000円の高額バイト料目当てに集まった男女10人が、謎の館に籠りっきりで死の推理ゲームに挑む7日間を描く心理サスペンス。

劇中の超高額時給を10人が稼ぐことができた場合のバイト料と同額の現金が用意されたもので、厳めしい表情の警備員8人に囲まれ、物々しい雰囲気の中、キャスト陣は一千万円分の札束を1束ずつ、それぞれ握りしめ、口々に「重い!」と言いながらも一同ニンマリ。一番リアクションが早かった最年長の北大路欣也は「コレ、何キロくらいあるんですか?」と興味津々。藤原さんも「いいですねぇ」と満面の笑み。

また本作は、今年3〜4月に撮影されたが、現場をふり返り藤原さんは「欣也さんがいらっしゃっていたので、自然と現場が引き締まりました」と報告。武田真治も「欣也さんは話題をたくさん持っていて、人によっていろいろ話してくださる。僕はDVDの貸し借りをさせてもらい、お礼に万年筆までいただいちゃって、どこまでかっこいいんだろう! と思いました」。石井正則も「欣也さんに自分から話しかけられないんですが、話しかけてくださり、僕がやった刑事ドラマ『古畑(任三郎)』っていうんですけど『見たよ』とおっしゃってくださって嬉しかった」と“北大路伝説”に花を咲かせた。
 
一方、綾瀬さんは初タッグとなった中田監督の印象を「パワーの源でした」とニッコリ。だが中田監督は「僕、しつこいので細かい部分まで詰めていった。俳優さんの中には『もう分かったよ…』と思った人もいたかも」と苦笑い。ベテラン北大路さんの「監督から『ビミョーに違うんです』と言われ、それを体現できるよう努力しました」との言葉に、恐縮気味だった。ほかに阿部力、片平なぎさ、劇中に登場するインディアン人形の声を担当した日村勇紀(バナナマン)らが出席した。

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は10月16日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top