テイク数は95回! ダニエル・ラドクリフ、“7人のハリー”シーンを語る

最新ニュース

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R.HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND (C)WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 -(C) 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R.HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND (C)WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
全世界注目のファンタジーシリーズ最終章の前編『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の中で、ダニエル・ラドクリフが1人7役に挑戦したシーンの画像が解禁! この“7人のハリー”のシーンについてのダニエルのコメントも到着した。

先日公開された予告編にも登場し、話題となっていたこちらの“7人のハリー”のシーン。闇の帝王・ヴォルデモート卿の手の者たちがハリーを捕まえようとしている状況で、追っ手を撹乱するために、ハリーの仲間たちが魔法の薬・ポリジュースを飲んでハリーに変身するというもので、オープニング近くに登場する。変身するのは6人で、到着した写真の一番左で背をこちらに向けているのは本物のハリー。左から2番目と3番目が、ロンの兄で双子のフレッドとジョージ、その隣が不死鳥の騎士団の仲間のひとりであるマンダンガスで、その隣は美人の魔女フラー。そしてロン、ハーマイオニーと続く。

「個人的にお気に入りのシーン」と語るダニエルだが、それぞれの俳優の特徴を研究し、各役柄になりきって1人7役に挑戦。「僕がハーマイオニーやフラーの服を着て演じたんだ(笑)。技術的に複雑な撮影のためにテイクは95回にもなったんだけどね」と説明。「この映画の素晴らしいオープニングになると思うし、みんなに楽しみにしてほしいシーンだ」とファンに向けてメッセージを送ってくれた。

ハーマイオニーやロンの口調をダニエルがどのように表現しているのか気になるところ! 残念ながら3D化が間に合わず、2Dでの公開が決まった本作だが、オープニングから十分に楽しませてくれそうだ。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は11月19日(金)、『PART2』は2011年7月15日(金)より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top