大沢たかお、“息子”清史郎のピンチにすかさず助け舟

最新ニュース

『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『桜田門外ノ変』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『桜田門外ノ変』(佐藤純彌監督)の初日舞台挨拶が10月16日(土)、東京・銀座の丸の内TOEI1で行われ、主演の大沢たかお、共演の長谷川京子、子役の加藤清史郎らが出席した。

幕末を舞台に、開国派の時の大老・井伊直弼を、尊王攘夷を唱える水戸藩浪士たちが打倒した事件を描く時代劇。大老襲撃の指揮を執った水戸藩士・関鉄之介を演じた大沢さんは劇中の志士たちに思いを寄せ「彼らの死が無念だったかどうかは、僕たちが豊かになるかどうかにかかっていると思う。俳優を始めて以来、忘れられない大きな作品になりました。役との向き合い方も変わりました」と感慨深げ。最後に「凄い近くで双眼鏡を使って見ているお客さんを見つけてしまいました。どこを見ているのか気になります」と不思議そうな表情を浮かべ、会場の笑いを誘った。

鉄之介の妻を演じた長谷川さんは「現代の女性とは違い、多くを語らず男性の心を察する。難しかったですが勉強になりました」と役作りに苦労した様子。鉄之介の息子を演じた清史郎くんは劇中で鍬を初めて用いた感想を司会者から聞かれ「重くて土に入れたら抜けちゃって…思いっ切り引っ張ったら頭に当たっちゃったり…手だけ抜けちゃったりしました」と、しどろもどろな口調で、最後は「でも、いい体験ができました」とひきつった表情。大沢さんは「スミマセン、さっき控室で鍬の話をするのかしないのかって話をしていたんですけど準備ができていなくて」と“息子”のピンチに助け舟。観客から温かい拍手を誘っていた。ほかに、生瀬勝久、伊武雅刀、北大路欣也らが出席した。

『桜田門外ノ変』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top