手塚治虫×浦沢直樹の人気漫画「PLUTO」が実写映画化! アトム実写で登場は…?

最新ニュース

「PLUTO」 -(C) Naoki Urasawa/Studio Nuts, Tezuka Productions, Takashi Nagasaki  出版元:小学館
  • 「PLUTO」 -(C) Naoki Urasawa/Studio Nuts, Tezuka Productions, Takashi Nagasaki  出版元:小学館
手塚治虫の名作「鉄腕アトム」の中の人気エピソードを、人気漫画家の浦沢直樹がリメイクした「PLUTO(プルートウ)」(小学館刊)が実写版CG作品『PLUTO』として映画化されることが明らかになった。

手塚作品の著作権管理とアニメーション制作を行う「手塚プロダクション」とまもなく日本でも公開となる『怪盗グルーの月泥棒3D』の製作者として知られるクリス・メンダドリが率いる「イルミネーション・エンターテインメント」の連携によって製作されるとのことだが、「実写版CG」ということ以外、どのような形で映画化されるのかについては現時点では明らかにされていない。

「PLUTO」は手塚さんの名作「鉄腕アトム」の中でもひときわ高い人気を誇るエピソードである「地上最大のロボット」を「YAWARA!」、「20世紀少年」の浦沢直樹が新たな視点でリメイクした作品で、日本国内で850万部以上を売り上げている。

手塚さんのオリジナルではもちろん、アトムを主人公に描かれたが、浦沢版ではロボット刑事のゲジヒトを中心にストーリーが展開し、ロボットと人間が共生するようになった世界が舞台となっている。世界最高水準を誇る7体のロボットを標的とした殺害事件が発生し、ゲジヒトは捜査に当たるが、その裏にはこの7体が参戦した中央アジア紛争を巡る怨念や、世界のリーダーシップをとる超大国「トラキア合衆国」の大統領にまつわる陰謀が…。

物語の中には人間と共生するロボットの“人権”や、連載がスタートした2003年に勃発したイラク戦争を反映させたと思われる様々なテーマがちりばめられており、連載当時から大きな話題を呼んだ。

浦沢さんは映画化決定に際し「私は子供の頃から『地上最大のロボットの巻』の大ファンでした。しかし、まさか自分がそれをリメイクして『PLUTO』を描くことになるとは思ってもみませんでしたし、それはとてつもない挑戦でした。今回、その『PLUTO』の実写映画化に挑む新たなチャレンジャーが現れました。大の手塚ファンの私は期待をこめて見守りたいと思います」とコメント。

クリス・メンダドリは「浦沢直樹は『PLUTO』で独創的なアクションと冒険に満ちた創造の世界を確立しましたが、私が本作品の権利をぜひ獲得したいと思ったのは、そのキャラクターであり心温まるストーリー故でした。素晴らしい歴史のある手塚プロと、また最も才能ある現代の作者である浦沢氏と一緒に働くことができ嬉しく思います」と映画化の喜びを語る。

浦沢さんの数々の人気作品の製作に携わってきた、「PLUTO」のストーリー共同制作者でもある長崎尚志は「20世紀、日本中の少年がむさぼり読んだ手塚治虫の『鉄腕アトム・地上最大のロボット』——いまでは伝説となったその作品を、私と浦沢直樹は21世紀に『PLUTO』として甦らせました。それは現代の日本漫画界にとっては、タブーを破ることであり、とてつもない冒険でした。その作品がハリウッドで映像化されるのは、我々にとっても、映画ファン、マンガファンにとっても実に喜ばしいことです。ですが同時に、メレダンドリ氏は、我々以上の冒険を引き受けたことになります。どうか日本中、いや、世界中のファンが納得し、興奮し、感動するような作品が生まれますよう、心から願っています」と期待を口にする。

そして、手塚治虫の息子であり、今回の映画のエグゼクティブ・プロデューサーを務める手塚眞は「手塚治虫と浦沢直樹のコラボレーション。これは黒澤明と北野武が出会ったような、あるいはフォードの『駅馬車』をルーカスが『スター・ウォーズ』に作り変えたような、マンガの大ニュースでした。さらにそこにグローバルな映画のアーティストたちの手が加われば、その興奮は数倍にもなるでしょう。これがハリウッドと日本の良いパートナーシップのもとに作られる、エポックメイキングな傑作になることを期待しています」と映画化作品への期待を語ってくれた。

先述のように映画作品の詳細はほとんど明らかになっていないが、神様・手塚治虫と現代の漫画界の天才・浦沢直樹による2次元のコラボレーションが、どのように実写化されるのか? 漫画に沿って映画化が進められるなら、日本の国民的キャラクターともいえるアトム(を基にしたキャラクター)が実写で登場するということも考えられるが…。

映画版『PLUTO』への期待が高まる。

© Naoki Urasawa/Studio Nuts, Tezuka Productions, Takashi Nagasaki
出版元:小学館
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top