ディズニーの本格3D映画『トロン:レガシー』 山田優に続編オファー?

最新ニュース

『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
  • 『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
  • 『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
  • 『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
  • 『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
  • 『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
  • 『トロン:レガシー』特別上映 photo:Yoko Saito
本格3D映画『トロン:レガシー』のスペシャルプレゼンテーション・ティーチインイベントが10月23日(土)、同日開幕した第23回東京国際映画祭プログラムとして東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、初来日した主演の米俳優ギャレット・ヘドランド、ヒロイン役の米女優オリヴィア・ワイルド、宣伝サポーターに就任した山田優が出席した。

1982年公開の世界で初めてCGを使った映画『トロン』を再構築した作品で、父親が創造したコンピュータ・システムの世界に迷い込んだ青年・サム(ギャレット)の戦いを描くSFファンタジー。まだ完成前でこの日は24分間の特別映像が世界に先駆けて上映された。

プロデューサーのショーン・ベイリー氏は「82年公開の作品は当時、あれだけの映像はありえなかった。それを受け継いで見たことのない映像をみなさんに届けたいと思った。ストーリー面でもその時代には考えられない斬新なもので、初めて人間とデジタルの関係性を描いた。だから斬新なストーリーを提供したいと思った」と説明。「『アバター』でジェームズ・キャメロンが使用したものより最新鋭の3Dカメラを用い、最初から3Dで製作した。そういう意味で最新の3D映像といえる」と熱弁をふるった。

24分間の映像を鑑賞した山田さんは「スピーディでカッコイイ映像、本当にワクワクします。3D映画の中でもホントに3Dを観た! と感じる作品」と興奮気味。同作をイメージしたという左肩を出した黒とブルーの光るミニワンピースを着こなした山田さんの艶姿にギャレットは「次回作があるならぜひ彼女に出てもらいたいね」とニッコリ。山田さんは「出していただけるなら、本当に出たいです!」と大喜びだった。

一方で、男性の観客からキャスト陣に「アクションシーンが忍者のようでしたが日本の文化、映画を参考にした?」と質問。オリヴィアは「日本の文化がとても好きで参考にさせていただいた。(演じた)クオラは忍者みたいと思って演じていたので、そう思っていただけたならちゃんと仕事ができたのかな? と思います」と嬉しそうな笑顔。別の観客からの「シリーズ化の予定は?」との問いには、ショーン氏が「僕自身はこの世界観が好きですし素晴らしいスタッフ、キャストが揃ったので、どんどん作っていきたいですが、みなさんが観てくださらないと始まらない。シリーズ化できるよう応援してください」と呼びかけた。またオリヴィアとギャレットは今回が初来日。オリヴィアは「公開前に、またプレミアで来日したい」と再来日を予告していた。

映画『トロン:レガシー』は12月17日(金)全世界同時公開。



特集「東京国際映画祭のススメ2010」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top