【TIFFレポート】C・ドヌーヴ 舞台挨拶登壇も撮影切り上げ退場「たくさん撮ったわ」

最新ニュース

『しあわせの雨傘』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『しあわせの雨傘』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『しあわせの雨傘』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『しあわせの雨傘』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『しあわせの雨傘』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『しあわせの雨傘』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴが10月24日(日)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズスで行われた、第23回東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれている主演映画『しあわせの雨傘』の舞台挨拶に、花束プレゼンターを務めた真矢みきと出席した。

優雅なブルジョア主婦が突然倒れた夫の代わりの雨傘工場を経営するハメになる姿を描くコメディ。ルイ・ヴィトンの毛皮とプラダのドレスで登場したドヌーヴだが、映画のポスタービジュアルでは、まさかの(?)赤ジャージ姿を披露しており「このシーンから始まるの。この姿でのジョギング姿にみなさん、驚かれるかもしれませんが、私をよく知っている人は驚かないわ」とあっけらかん。真矢さんから「ご自身でいろいろアイデアを出されたそうですね?」と聞かれると、「そうね。このシーンで言えば、ヘアローラーをつけたままにしたの。アメリカの女性が出かける前によくしていることよ。より洗練されていないようにするために提案したの」と、いたずらっぽい笑顔を見せた。

また劇中で新しい人生を謳歌する役どころを演じており、人生を楽しむ秘訣を聞かれると「いまを楽しむこと」と即答。真矢さんは「半世紀も生きると賢くなってしまって経験することが二周目、三周目だったりする。好奇心旺盛な目線で固まらない人間でいたいと思っています」と話した。

一方で、ドヌーヴは写真撮影に厳しくカメラマン泣かせのひと幕も。撮影は冒頭の入場時、途中の真矢さんが入場して花束を手渡す場面まで、最後のフォトセッション時と通達され、トーク中はフラッシュの眩しさを考慮してNG。入場後、司会者の制止でフラッシュが止むと「みなさんとても従順でいいですね」とニッコリ。だがラストのフォトセッション前には「さっきタップリ撮っていただいたわ」とつれない言葉。通例、正面、右、左と目線を送るところを正面のみで切り上げて退場しかかり、スタッフらに呼び戻されて再度ポーズ。それも数秒で切り上げて退場、という“大女優ぶり”だった。

今年は3月8日の国際女性デーのイベントに合わせて3年ぶりに来日しており年内で2度目。「日本は大好きで昔から何度も来ているけど、毎回滞在が短いの。今回も最も短い滞在のうちのひとつよ。次回来るときにはオフをつなげて、行ったことのない街を訪ねたいわ」と親日ぶりもうかがわせた。

『しあわせの雨傘』は2011年1月、TOHOシネマズシャンテ、新宿ピカデリーほか全国にて順次公開。



特集「東京国際映画祭のススメ2010」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top