【TIFFレポート】堀北真希 初の究極悪女役「すごく悩みました」

最新ニュース

『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『白夜行』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
開催中の第23回東京国際映画祭(TIFF)で映画『白夜行』(深川栄洋監督)が10月25日(月)、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで特別招待作品として上映され、主演の堀北真希、共演の高良健吾、船越英一郎らが舞台挨拶に立った。

人気作家・東野圭吾の同名ベストセラー小説を原作に、迷宮入りした質屋殺し事件の被害者の息子・亮司(高良さん)と容疑者の娘・雪穂(堀北さん)が辿る重苦しい人生を描くミステリー。美貌の裏に自分がのし上がるために周囲を不幸に陥れることに躊躇しない素顔を持つ悪女に初挑戦した堀北さんは「原作がとても好きで、読んでなんとなくイメージはありましたが、いざ台本をいただいたらどうやって雪穂に近づいたらいいかすごく悩みました。自分で悪いことをするシーンのない悪い人で、一見、好感が持てるところもある。悩みました。でも挑戦だと思って頑張りました」。

雪穂に献身的な愛を捧げる役どころを演じた高良さんも「人を騙し自分も騙すし…。親切な芝居じゃなくて、お客さんも騙しにかかっている。監督はとてもドS。キツかった。クランクアップが嬉しかったけど、こんだけきつかった現場だったから、次も乗り越えられると思った」とそれぞれ役作りの苦労をふり返った。

一方、2人を追う刑事役の船越さんは「キャリアの半分以上、犯人を追いかける役どころでサスペンスに人生を賭けています。いつも役を生きることともうひとつ、観る人に分かりやすく楽しんでもらうことを心がけています。平たく言えば説明過剰な嘘臭い俳優です」とサスペンスに取り組むポリシーを吐露。「今回もそう思い、撮影初日に監督に伝えて『分かりました』とおっしゃっていただきましたが、(そういう部分は)ほとんど取り除かれてしまいました」と会場の笑いを誘った。

『白夜行』は2011年1月29日(土)より全国にて公開。



特集「東京国際映画祭のススメ2010」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top