【TIFFレポート】『チェブラーシカ』原作者ビックリ? 日本の観客は「大人ばかり」

最新ニュース

『チェブラーシカ』&『くまのがっこう〜ジャッキーとケイティ〜』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『チェブラーシカ』&『くまのがっこう〜ジャッキーとケイティ〜』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『チェブラーシカ』&『くまのがっこう〜ジャッキーとケイティ〜』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 大橋のぞみ&松浦愛弓
開催中の第23回東京国際映画祭の特別招待作品映画『チェブラーシカ』と2本立ての短編『くまのがっこう〜ジャッキーとケイティ〜』が10月27日(水)、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、日本語吹替版でチェブラーシカの声を務めた大橋のぞみ、チェブラーシカ原作者のロシアの児童文学作家エドゥアルド・ウスペンスキー、ジャッキーの声を務めた松浦愛弓らが上映前の舞台挨拶に出席した。

2人の子役は、それぞれ演じた主人公のぬいぐるみを手に登場。南の国からやってきた不思議な生き物・チェブラーシカ役ののぞみちゃんは「チェブラーシカはとっても可愛くて、ほかにも個性豊かな仲間がいっぱいいるので楽しんでください」。山の寄宿舎で暮らす12匹のくまの子たちの中のたったひとりの女の子ジャッキー役の愛弓ちゃんは、「ジャッキーはケイティ(お姉さんくま)の病気を治すために、11人のお兄ちゃんと頑張ります。だから、この映画を観たらみんな頑張る気持ちになると思います」と順番に愛らしい笑顔と声で呼びかけ。

『チェブラーシカ』は、ウスペンスキー氏の原作を映像化したパペットアニメで今回、ロシア、日本、韓国のスタッフの共作による27年ぶりの新作として発表。本映画祭のために来日したウスペンスキー氏は、「チェブラーシカと一緒に私も再び生まれ変わった気持ち」と喜びの言葉を口にし「ロシアでの人気は子供たちから出発しましたが、いま見ていると立派な大人たちばかりですね」とちょっぴり不思議そうに会場を見渡しつつ「みなさんが愛してくれれば日本でも広まっていくことでしょう」と呼びかけた。

ほかに、『チェブラーシカ』の中村誠監督、『くまのがっこう』の児玉徹郎監督と原作者の絵本作家・あいはらひろゆき、チェブラーシカとジャッキーの巨大な着ぐるみが出席した。

『チェブラーシカ』『くまのがっこう〜ジャッキーとケイティ〜』は12月18日(土)より全国東宝系にて2本立て公開。



特集「東京国際映画祭のススメ2010」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top