【TIFFレポート】加瀬亮 映画初主演作と同じ脚本家作品に「光栄でプレッシャー」

最新ニュース

『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『海炭市叙景』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
第23回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品中の映画『海炭市叙景』が10月28日(木)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主要キャストの加瀬亮、谷村美月、熊切和嘉監督らが舞台挨拶に立った。

小説家の故・佐藤泰志が、故郷・函館をモデルにした架空の寂れた地方都市で様々な事柄を背負いながら生きる人々の姿を描いた同名小説の実写化。劇中、5つのストーリーが描かれ「裂けた爪」で自身は不倫をし、再婚した妻による連れ子への虐待に悩む男を演じた加瀬さんは「日の当らない人たちばかりが出てきます。日陰で生きている人たちの息づかいを感じていただきたい」と呼びかけ。一方で「初めて映画で主演させてもらった『アンテナ』と今回の映画が同じ脚本家さん(宇治田隆史)で、あれから7年経ってやらせていただけたことを、プレッシャーもありましたが光栄に思いました」としみじみ。

谷村さんは「まだ若い廃墟」でリストラされた兄と寂しい正月を迎える妹役。函館ロケについて「最初はザコ寝と聞いていたんですけど、向こうの方がビジネスホテルを用意してくれたり、主婦の方たちがご飯を用意してくれたりして、芝居に集中させていただきました。演じることがこんなに楽しかったのは初めてでした」と笑顔でふり返った。また「熊切監督とは、京王線でばったり会ったことがあって、いつか仕事をご一緒したいと思っていたのが叶いました」と意外な出会いを明かしていた。

ほかに、南果歩、小林薫、三浦誠己が出席。同日、六本木ヒルズ内で記者会見、ティーチインも行われた。

『海炭市叙景』は11月27日(土)より函館先行公開、12月18日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開。



特集「東京国際映画祭のススメ2010」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top