小雪 子育ては九州で? 松山ケンイチとの交際は「順調? はい」

最新ニュース

『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『信さん・炭坑町のセレナーデ』完成披露会見&舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』の完成披露試写会が10月28日(木)、東京・港区のスペースFS汐留で行われ、主演の小雪、共演の大竹しのぶ、石田卓也、池松壮亮、平山秀幸監督らが出席した。

昭和30年代の福岡の炭坑町を舞台に、小学生の息子・守(池松さん)を持つ母親・美智代(小雪さん)と、美智代に恋心を抱く札付きの少年・信さん(石田さん)をはじめ、もがきながらも懸命に生きる人々の姿を描く物語。2008年9月にオール九州ロケが敢行された。

小雪さんは、20歳年下の信さんと“恋仲”となる役どころで、20歳差の恋愛について「いまの年代はいろいろあるんじゃないですか? あると思います」と言いながらも「愛情って経験した思い出の年数で決まるんじゃないかと。愛の形はいろいろで、ひとつの解釈はできないと思う」と大人の女性らしい考え。以前、映画『ラスト サムライ』で母親役をこなしているものの現代劇では初めてで「九州は自然が豊か。子供を育てるとか、幼少期を過ごすには素晴らしい場所だと思いました。好きになりました」と報告しつつ、母性をうかがわせた。

大竹さんは20歳差の恋愛に「全然OK、いくつまでも大丈夫です」と即答。石田さんは「クランクインの日に風邪を引いていたら、小雪さんが風邪薬をくれた。もう美智代さんでした。幸せでした」と小雪さんに惚れ惚れだった。

一方、小雪さんは、プライベートで俳優・松山ケンイチとの交際が報じられているだけに、結婚について報道陣から突っ込まれ「したくなった?」、「予定は?」との質問には「分からない」、「考えていない」。だが「交際は順調?」との問いに「はい、ありがとうございます」と満面の笑み。「年内にいいお話は?」と再び聞かれると「どうだろう?」と、はぐらかせていた。

映画『信さん・炭坑町のセレナーデ』は11月27日(土)より新宿ミラノ、銀座シネパトスほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top