天才子役・芦田愛菜が生歌披露! 将来はピアニスト…でも「得意な曲はない」

最新ニュース

『怪盗グルーの月泥棒 3D』舞台挨拶  
  • 『怪盗グルーの月泥棒 3D』舞台挨拶  
  • 『怪盗グルーの月泥棒 3D』舞台挨拶  
  • 『怪盗グルーの月泥棒 3D』舞台挨拶  
  • 『怪盗グルーの月泥棒 3D』舞台挨拶  
人気子役の芦田愛菜が10月30日(土)、東京・千代田区のTOHOシネマズ有楽座で前日29日(金)より公開されている、自身が日本語吹替版の声優を務めるアニメーション映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』の大ヒット御礼舞台挨拶を行い、本作の劇中ソングを生披露した。

人気アニメーションシリーズ『アイス・エイジ』のスタッフによる最新作で、月を盗もうと企む怪盗グル—&ミニオンが孤児の3姉妹をやむなく引きとったことから起こる騒動を描くアドベンチャー。愛菜ちゃんは3姉妹の末っ子・アグネスの声を担当。

劇中ソングのワンフレーズをアカペラで初披露した愛菜ちゃんは、会場から大きな拍手を浴びて「自分では上手く歌えたと思います。100点です」と満面の笑み。取材陣から将来は歌手に? と聞かれ、「いえ、女優とピアニストになりたいです」とハキハキ答えたが、「ピアノで得意な曲は?」の問いには「ないです」とキッパリ。素直な回答で取材陣の笑いを誘った。

これまで本作のPRイベントでは、同じく声優を務める笑福亭鶴瓶と一緒だったが、この日は単独で初めての舞台挨拶。「ちょっとドキドキしましたけど、意外と楽しかった」と“大物ぶり”をうかがわせ、「ジェットコースターのシーンでは『キャーッ』って言って楽しんでください」としっかりPRしていた。

『怪盗グルーの月泥棒 3D』はTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開中。

《text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top