溝端淳平 恋愛コーチ&演技コーチ就任で奮闘! 『高校デビュー』撮影快調

最新ニュース

『高校デビュー』撮影現場 (左から)溝端淳平、大野いと photo:Yoko Saito
  • 『高校デビュー』撮影現場 (左から)溝端淳平、大野いと photo:Yoko Saito
  • 『高校デビュー』撮影現場にて photo:Yoko Saito
  • 『高校デビュー』撮影現場にて photo:Yoko Saito
俳優の溝端淳平が主演し、期待の新人・大野いとが女優デビューする映画『高校デビュー』の撮影現場がこのほど、都内の高校旧校舎で初めて公開された。

漫画家・河原和音による、単行本全13巻(集英社刊)で累計580万部突破した同名コミックの実写化で、部活一筋の中学時代を送った長嶋晴菜(大野さん)が、彼氏を作って“高校デビュー”するため、男ウケを知り尽す超イケメン高校生・小宮山ヨウ(溝端さん)の恋愛コーチを受ける、という物語。監督は、『ハンサム★スーツ』の英勉。

この日は学校内の廊下で絡むシーンや授業風景などを収録。学校一モテるクールな二枚目という役どころに初挑戦の溝端さんは、関係者から「ヨウがそのままいるよう」と声が上がるほどなりきっており、撮影も順調にこなした。「僕の中では全てが二枚目って究極のボケ。こっぱずかしいと思ったけど、吹っ切ったら楽しい」と気持ちもノッている様子。撮影前に約6キロ減量し、髪型も毎回数ミリ単位でカットするなど、役作りも完璧だ。

一方、“映画デビュー”を果たした大野さんは、「初日はすごく緊張して顔が引きつりましたが、1週間くらいで楽しいと感じてきました」とちょっぴりぎこちない表情。肩に力が入りがちという後輩に、溝端さんは「テストの段階から握り拳になっていたりするので、『そこはいいんだよ』って言ってあげたり。力の抜きどころが分からないと思うんです。だから教えてあげたくて」と劇中のモテコーチから現場のコーチまでを務めている。

タイトルにちなみ、自身の“高校デビュー”について、溝端さんは「高校2年のときにジュノン(・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞)でデビューして、3年で俳優デビューしたから、ホントに高校デビューっていうのかな。それが一番大きな出来事ですね。人生も変わりました」としみじみ。来年4月に高校生になる大野さんは「たくさんの友達を作って楽しく過ごしたい」と胸を膨らませた。

それぞれの“恋愛デビュー”を尋ねると、溝端さんは「小学校3年のときに初恋をして好きな女の子ができて、それから3年間好きで、好きな相手を聞いたら俺で。付き合うとかはなかったんですが、デビューをしました。あれがピークであとは下り坂です」と照れ笑い。大野さんは「まだちゃんとした恋愛をしたことがないんです。高校生になったら恋をしたいです」と晴菜が抜け出したような笑顔。一方で「小学校のときは2週間に一回好きな人が変わっていました」と話し、溝端さんを「えっ!?」とビックリさせていた。10月6日にクランクインし、関東近郊ほかで現在、撮影中。まもなくクランクアップ予定。

『高校デビュー』は2011年春、全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top