松嶋菜々子インタビュー 「しばらくラブストーリーをやっていなかったので…」

最新ニュース

『ゴースト もういちど抱きしめたい』 松嶋菜々子 photo:Toru Hiraiwa
  • 『ゴースト もういちど抱きしめたい』 松嶋菜々子 photo:Toru Hiraiwa
誰もが知る、ハリウッドの名作ラブストーリー『ゴースト ニューヨークの幻』。その公開から20年の歳月を経て、本作『ゴースト もういちど抱きしめたい』はそのアジア版として製作された。“ゴースト”になるのは男性ではなく、ヒロインの方という大胆な設定変更はもちろん、物語を引っ張るふたり——松嶋菜々子、ソン・スンホン——というアジア版ならではの、ワールドワイドなカップリングも話題のひとつとなっている。
「最初にお話をいただいたときは、あの『ゴースト』をやるの!? ってやっぱり驚きました。けれど、いまこのタイミングでこの作品のオファーが私のところに来たのは、何かの縁かなって。だから、たとえ自分が“無理!”だと感じても、できないではなく、考え方を変えれば、何かまた新しい表現ができるんじゃないかと思えたんです」。

穏やかでふんわりした語り口。相変わらずスレンダーなスタイルと、美しい肌は、とても37歳とは思えない瑞々しさだが「しばらくラブストーリーをやっていなかったので…。すぐにイメージが湧かなかった」と意外な告白も。
「30代半ばを過ぎた女性が新しく恋をして、どこまで自分をさらけだせるのか。そのサジ加減が難しかったですね。若い頃のように探り合うわけでもなく、逆にストレートな表現がしたいと思って演じていました。主人公の七海は大企業の社長なんですが、守るものがたくさんあるし、仕事があるのだから、男性に左右されてはいけない…そう思っているうちに、いつの間にか恋に臆病になっているような女性。七海じゃなくても、もし、ジュノのような、愛情表現がストレートな男性…しかも自分の知らない世界の魅力を教えてくれるような人に出会ったら、多分ほとんどの女性がクラッときちゃうと思いますよ(笑)。なので、そこは七海の気分になって、浸って観てもらいたいです」。

撮影現場でも監督(大谷太郎)を交えた3人で、時に冗談を飛ばすスンホンさんと、にこやかに談笑していた松嶋さん。そこには美男美女なふたりだから…というだけではない、言葉の壁をも超えた温かな空気が流れていた。

※松嶋菜々子ロングインタビューをシネマカフェにて掲載中

シネマカフェSweet
「『ゴースト もういちど抱きしめたい』特集 時を超えて愛されるストーリー」

http://www.cinemacafe.net/sweet/ghost/

《photo:Toru Hiraiwa / text:Kaoru Endo》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top