『ランウェイ☆ビート』主題歌にファンモン! 田中圭が大変身の最新予告編も到着

最新ニュース

瀬戸康史×ファンキーモンキーベイビーズ
  • 瀬戸康史×ファンキーモンキーベイビーズ
映画『ランウェイ☆ビート』の主題歌をファンキーモンキーベイビーズが担当することが決定! 瀬戸康史をはじめとするキャスト陣、ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤からのコメント共に、主題歌の入った予告編も到着した。

主演に瀬戸康史、ヒロイン役に桜庭ななみ、さらに桐谷美玲、田中圭、そして映画初出演となるIMALUと話題の若手キャストを迎え、ファッションを通じて成長を遂げていく若者たちの姿を描いた青春ストーリー。

これまでにも『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『ラブファイト』『書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園−』などで映画の主題歌を担当してきたファンキーモンキーベイビーズだが、今回は映画と同時進行で楽曲が製作されており、楽曲のタイトルも映画と同じ「ランウェイ☆ビート」。まさに映画をイメージして作られた主題歌といえる。

瀬戸さんは今回の決定を受けてファンキーモンキーベイビーズのメンバーと初めて対面。主題歌について「すごく物語と合っていて、生きていて不安だったり悩みだったりいろいろとあるけど、乗り越えて行こうという風に応援する感じで、背中を押してくれる曲。この物語とあわせて聴いていただけると、さらに、観てくださる方々に強く感じていただける曲だろうなと思います」と語った。ファンキー加藤さんは「映画と原作にあった『少しの勇気で自分は変わるし、自分が変われば世界も変わる』というフレーズが印象的ですごく頭と心の中に残っていて、そのフレーズから楽曲もインスパイアされてふくらましていった部分があるんですよ。デザイナーだったり、ファッションショーだったり、きらびやかな部分がピックアップされがちな映画なんですけれども、実は、底辺にあるのは人間くささ——それは例えば、友情とか恋だったりいろんな要素があるんですが、“少しの勇気で自分は変わることができる”というそういうメッセージこそが、映画や俺たちの楽曲の核になっている部分なんだろうな、と思っています」と曲にこめた思いを明かしてくれた。

また、実際に楽曲を聴いた桜庭さんは「ファンキーモンキーベイビーズさんの雰囲気と映画の雰囲気が合致していて、夢へ向かう人達の情熱が伝わってくる素敵な曲だと思いました」とコメント。桐谷さんも「夢を応援してくれる勇気の出る曲だなぁと思いました。“流してきた涙の分幸せになるの? 本当ならもう少し信じてみよう”という歌詞のところが好きです。ノリのいい曲なのでカラオケとかでみんなで元気に歌いたいなーと思いました」とかなり気に入った様子。

IMALUさんは「前向きでキラキラしている曲。映画にぴったり」と絶賛し、田中さんは「曲がランウェイを堂々と歩いていました。さすがです」とコメント。「(CDの)ジャケットやりたいなぁ…(笑)」とも。

また、今回到着した予告編では瀬戸さん演じるビートをはじめとする仲間たちが奮闘する様子の一端が明らかに。いじめられっ子のワンダ(田中さん)がビートによってかっこよく“変身”する様子も!

『ランウェイ☆ビート』2011年3月19日(土)より全国にて公開。

※こちらの予告編映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top