ほぼ全員が鑑賞後「スイーツ食べたくなる」 『洋菓子店コアンドル』が女心をガシッ

最新ニュース

『洋菓子店コアンドル』 -(C) 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
  • 『洋菓子店コアンドル』 -(C) 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
蒼井優、江口洋介主演で来年2月に公開される『洋菓子店コアンドル』。11月初旬、公開よりも3か月も前という、一般向けとしてはどこよりも早いタイミングで、シネマカフェの読者を招待した試写会が開催されたが、観客を対象にした鑑賞後のアンケートで、女性とスイーツの“幸福なつながり”が改めて浮き彫りに…。

伝説のパティシエと呼ばれながら、8年前にケーキ作りから身を引いた十村(江口さん)と恋人を追って田舎から上京してきたなつみ(蒼井さん)。そんな2人が都会で人気の洋菓子店で出会い、そこからキュートでほろ苦い物語が展開するが、写真を見ても分かるように劇中、随所で思わずスクリーンに向かって手を伸ばしたくなるようなおいしそうな“スイーツ”が登場し、映画のもうひとつの主役ともいえる存在感を放っている。

アンケートの結果、なんとほぼ100%の観客が「映画を観てスイーツを食べたくなった?」という質問に「はい」と回答。「とにかくおいしそうで、観ているだけで幸せになれる」(20代・女性)、「ケーキがキラキラ輝いて見えました。映画を観て優しい気持ちになれました。明日ケーキ屋さんに行ってみます。優しい気持ちの人に逢えそうだから!」(女性)などなど、ケーキがスクリーンに登場しただけで、幸せな気分になったという観客が多数! ルナール、ガレット、カシスフロマージュ…など、それぞれ劇中に登場し、食べたくなったケーキも挙げてくれたが、名前を見るだけでもよだれが出そう…。

また、アンケートではスイーツもさることながら、劇中の洋菓子店の雰囲気や江口さん、蒼井さんらのやり取りを見どころとして推す声も目立った。多くの人にとってスイーツは、単に「食べておいしい」というだけの存在ではなく、素敵なお店に行って好みのものや旬のスイーツを選んだり、店のひとと話したり、ということも含めて“幸せ”を感じさせてくれるものと言えるのかもしれない。

不況や消費の落ち込みなどが叫ばれる一方で、スイーツブームの勢いはとどまるところを知らない。生ドーナツに半熟カステラ、多種多様なロールケーキなど次々と新たなスイーツが誕生し、女性の心をガッチリと掴んでいる。人気店では数時間の行列や午前中での完売は当たり前、最近ではお取り寄せのできる商品も増加しており、さらには、甘いものを好む男性——“スイーツ男子”なる新人種(?)も増殖中! 人々もメディアも常に「次に流行るスイーツは?」と待ち構えている、まさに“スイーツ戦国時代”なのである。

そんな世に、ビター&スウィートな物語と共に、色とりどりのスイーツが次々と登場する映画が作られれば、女性の心をわしづかみにするのも納得? いや、ブームなど関係なしに、おいしいスイーツとほっこりと心を温かくしてくれる映画はいつでも女性の“味方”と言えるのかも。

自分へのご褒美に、明日への活力に、ホッとひと息つくために…と理由は人それぞれだが、映画館に足を運んで映画とスイーツで二重の幸せを堪能してみては? 映画公開中、劇場近くの洋菓子店の売り上げが急激にアップ…なんてことも?

『洋菓子店コアンドル』は2011年2月11日(金・祝)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

『洋菓子店コアンドル』では映画を応援してくれるサポーター店(パティスリー、カフェなど洋菓子を扱うお店)を募集中。詳しくは公式サイトをご覧ください。
http://www.coin-de-rue-movie.com
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top