オスカー有力『キングズ・スピーチ』が全米で1館あたりの平均今年No.1のスタート

最新ニュース

『キングズ・スピーチ』(原題)  -(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
  • 『キングズ・スピーチ』(原題)  -(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
感謝祭の週末、全米ではすでに日本での公開も決定しているいくつかの話題作が公開を迎えたが、そのうち英国王の実話を描いた『キングズ・スピーチ』が、1館あたりの平均成績で本年度公開映画No.1のヒットスタートを記録した。

先ごろ、来年4月にウィリアム王子が挙式することが発表され、英国はもちろん、世界中で人々の関心を集めている英国王室だが、本作は現女王エリザベス2世の父、つまりウィリアム王子の曽祖父にあたるジョージ6世が主人公。吃音症を抱えた彼が言語療法士の助けを借りて吃音症を克服し、第二次世界大戦の開戦にあたって国民を勇気づけ、心をひとつにする感動的なスピーチを披露するまでを描く。

アメリカではニューヨークとロサンゼルスでの計4館という限定公開となったが、1館あたりの平均成績は85,448ドル(約710万円)で今年No.1を記録。各批評サイトでも高い“満足度”を記録しており、今後、数字を伸ばしそうだ。

興行成績もさることながら、気になるのは今後の賞レースでの評価。『シングルマン』でオスカー主演男優賞候補となったコリン・ファースがジョージ6世役を演じており、2年連続でのノミネートに期待がかかるほか、言語療法士役をジェフリー・ラッシュ、王を支える妻をヘレナ・ボナム=カーターと実力派俳優が参加し、物語の質、俳優の演技の両面で高い評価を得ている。年明け以降の賞レースを引っ張る存在として注目を集めそうだ。

感謝祭の週末の全米の興行ランキングは、公開2週目の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が“定位置”の首位を堅持したが、2位にはディズニーの記念すべき50作目の長編アニメ『塔の上のラプンツェル』がランクイン。金曜からの公開5日間の興行収入は6,900万ドル超で、これは感謝祭シーズンの公開作としては『トイ・ストーリー2』に次ぐ歴代2位の好成績となった。日本での公開は来年3月とまだ少し先だが、今回のアメリカでの好スタートを受け、日本では30億円突破確実との声も。

さらに、歌姫クリスティーナ・アギレラが主演し、来日イベントを週明けに控える『バーレスク』が初登場で4位。デンゼル・ワシントンとトニー・スコット監督のコンビによる『アンストッパブル』が同じく初登場で第5位に入っている。

いよいよ12月に突入、今年のクリスマスを制するのはどの作品? 

『キングズ・スピーチ』は2011年春、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて、『塔の上のラプンツェル』は3月12日(土)より全国にて、『バーレスク』は12月18日(土)より丸の内ルーブルほか全国にて、そして『アンストッパブル』は1月7日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にてそれぞれ公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top