クリスティーナ・アギレラ3年半ぶり来日! 劇中の役柄と同様の驚きの体験を告白

最新ニュース

『バーレスク』来日記者会見
  • 『バーレスク』来日記者会見
  • 『バーレスク』来日記者会見
  • 『バーレスク』来日記者会見
  • 『バーレスク』来日記者会見
  • 『バーレスク』来日記者会見 クリスティーナ・アギレラ
  • 『バーレスク』来日記者会見 クリスティーナ・アギレラ
  • 『バーレスク』来日記者会見 クリスティーナ・アギレラ
  • 『バーレスク』来日記者会見 クリスティーナ・アギレラ
“歌姫”クリスティーナ・アギレラが主演映画『バーレスク』を引っ提げ、共演のクリスティン・ベル、カム・ジガンデー、そして監督のスティーヴン・アンティンと共に来日! 12月6日(月)、都内で開催された記者会見に出席した。

3年半ぶりの7回目の来日となるクリスティーナ。幼少期に日本に住んでいた経験もあって「素敵な思い出もあるし、東京は大好きな街よ」と満面の笑みを振りまいた。劇中、彼女が演じる主人公のアリが、クラブ「バーレスク」の舞台で初めて客や同僚の前でその歌声を披露するシーンにおける心境を尋ねられると「あのシーンでは、クリスティンが演じるニッキが腹いせにアンプのプラグを抜いちゃうの。アリにとっては自分自身をみんなの前で証明するという、ターニングポイントとなるシーン。その責任を感じながら演じたわ。実は私自身、実際に同じような経験をしたことがあるの。私は実際には口を動かしているだけで歌ってないんじゃないか? と疑われて、誰かが本番中にプラグを抜いちゃったの。だから、あのときのアリの気持ちはよく分かったわ」と驚きのエピソードを明かしてくれた。

クラブ「バーレスク」の女主人を演じたのは、歌手としてグラミー賞、そして女優としてアカデミー賞を獲得した経験を持つ“カリスマ”シェール。彼女との共演について尋ねられると、クリスティーナは「彼女が今日、ここにいないのが残念だわ。いたらみなさんを本当に楽しませてくれたと思うし、何より存在感が凄いの。現場では毎朝、彼女は私をハグで迎えてくれたわ。それからいろんなアドバイスも受け取った。その場の“瞬間”を演じること、役になりきること、勘に頼ることを教えてくれたの」と感謝と共演の喜びを口にした。

ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」のタイトルロールを演じ、日本でも人気の高いクリスティンは、「バーレスク」でのアリの先輩ダンサーで彼女を疎ましく思うニッキ役で新境地を拓いた。クリスティンは、今回の役を引き受けた理由を聞かれ「実は最初はこの役を演じることに躊躇しました。アメリカで、バーレスクダンスというのが、ストリップに近い意味で捉えられているというのもありましたし…。でも、監督が美しい作品の世界観を教えてくれたんです。それから、道徳的に破綻している役を演じるのは楽しい経験でした。これまで“いい子”を演じることが多かったのですが、今回は素晴らしい経験ができました」と語り笑顔を見せた。

また、アリと同居することになるバーテンのジャック役のカムは、女性キャストに囲まれての撮影となったが、その点について尋ねられると少し困った表情を浮かべつつ「そうだね、今回はラウンジでの仕事をしながら美しいダンスや歌を目の当たりにできただけでなく、クリスティーナの裏の側も見ることができてよかったよ(笑)。普段はゴージャスなアーティストというイメージですが、アパートでの2人のシーンでは、現場でクリスティーナが滑って転んだりするところを見せてもらったりね(笑)」とニッコリ。

歌と共にダンスが大きな見どころの本作だが、クリスティーナ、クリスティン共に苦労した様子。「本当に本当に、凄く大変でした(苦笑)。今回、プロのダンサーさんが一緒にいてくださったことが大きな助けになりましたが、プロのみなさんは本当に凄い人たちで、怪我をしていようと朝の4時からずっと踊り続けなくてはいけないんですから」とクリスティンが驚嘆まじりに語れば、クリスティーナも「(記者から)『セクシーだった』と言ってもらえましたが、ダンスの後の私たちの足元を見たら、決してそうは思わないと思うわ(笑)。毎日、11時間も踊り続けてマメだらけでパンパンだったんだから! でも、今後はアーティストとしてステージでもダンスを見せられると思うわ」と同じく苦労を明かしつつも、充実した表情を見せた。

最後に監督は登壇者のひとりひとりに言及。「クリスティーナはこの世代を代表する“声”を持った人間であり、演技の上でもシーンごとにホームランを打ってくれた。私は彼女を信じきっていたが、彼女がアリに息吹を吹き込み、何よりいま、彼女が満足を感じてくれていることが嬉しい。クリスティンは演じる全てがリアリティを持っており、非常にまれな存在。それから、カムはハンサムだけど、深みのある演技とコミカルな部分も出せる俳優なんです」とそれぞれを手放しで称えた。これにはクリスティーナたちも感激した表情で壇上で「ありがとう!」と返し、会場は大きな拍手に包まれた。

『バーレスク』は12月18日(土)より丸の内ルーブルほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top