井上真央の切ない笑顔に引き込まれる! 『八日目の蟬』特報が解禁

最新ニュース

『八日目の蟬』 -(C) 2011「八日目の蟬」製作委員会
  • 『八日目の蟬』 -(C) 2011「八日目の蟬」製作委員会
直木賞作家・角田光代のベストセラー小説を映画化した『八日目の蟬』の特報がポスター画像と共に解禁。井上真央の切ない笑みが意味するものは?

不倫相手の赤ん坊を誘拐した希和子。逃亡生活を続けながらも、血の繋がりのない娘に愛情を注ぐが、4年の逃亡の末に逮捕される。希和子に育てられた恵理菜は、本当の家庭に戻るも、そこに彼女の居場所はなかった…。やがて、大人になった恵理菜は皮肉にも不倫相手の子供を身籠ってしまう——。母とは何か? 女として生まれたがゆえの痛ましいまでの哀しみ、それでも生き抜く強さが描き出される。

主人公の恵理菜役を井上真央、恵理菜を誘拐し“母”になろうとする希和子に永作博美と、それぞれの世代を代表する演技派の2人が“母子”役で共演することでも話題の本作。映画化に先駆けて、今年の春にはNHKで連続ドラマとして放送され、希和子を檀れいが、恵理菜を北乃きいが演じた。希和子の逃亡劇を軸に描かれたTV版とは逆に、映画版では恵理菜が物語の主軸に。かつて希和子が自分を抱えて歩んで逃亡の道のりを辿り、苦悩や希望を噛みしめつつ、成長していく過程が描かれる。

今回到着した特報は、わずか30秒ほどのごく短いものだが「優しかったお母さんはわたしを誘拐した人でした」という衝撃的な告白に始まり、坂道を駆け下りてくる恵理菜と思しき幼い少女や、降りしきる雨の中、ひとり佇む希和子の姿が。はつらつとした役柄のイメージが強い井上さんだが、今回の恵理菜役でこれまでとは全く違う一面を見せてくれそう。こちらの特報でも一瞬見せる、悲しげな笑顔が観る者に強い印象を残す。

過去と向き合うべく、かつて“母”と慕った人との逃亡生活を辿る恵理菜。最後に訪れた地、小豆島で恵理菜が見つけた衝撃の真実とは——。

『八日目の蟬』は2011年ゴールデンウィーク、公開予定。

※こちらの特別映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top