三国志ファンの吉川晃司 登場人物では「曹操と魔性の美女貂蝉が好き」

最新ニュース

「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
  • 「三国志 Three Kingdoms」吉川晃司アフレコ収録 photo:Yoko Saito
歌手で俳優の吉川晃司が中国ドラマ「三国志」のナレーションを務めることになり、12月9日(木)、東京・中央区のスタジオで収録に臨んだ。

中国の群雄割拠の時代を、中国ドラマ史上最大級の製作費25億円、エキストラ15万人超、最新鋭特殊効果をもって全95話で描き高視聴率を記録したドラマ。日本ではDVDレンタル中で、前篇DVD-BOXが今月10日から発売。吉川さんは「三国志」の大ファンであることから、前篇ダイジェスト(来年2月2日レンタル開始のDVD第22巻に収録)のナレーター役に白羽の矢が立てられた。

アフレコを終え、「そんなに噛まなくてよかった。以前やった『チンギス・ハーン』、ものすごい難しい名前が多くて大変でしたけど、今回は話を踏まえていたので、予定の時間の半分くらいで終わりました。ひと安心です」と安堵の表情。中国史好きとして知られるが、「人生の岐路に立ったとき、つっぱって生きてきた者としては、困ったからってどなたかに助けを乞うってことが難しかった。故事に何かないか、ヒントを探しました」とハマったきっかけを照れくさそうに説明した。

三国志の中で好きな人物は「曹操。稀代の天才で、残酷な面と人たらし、人を惹きつける面を持った変人です。ガキの頃は劉備が好きだったけど、だんだん奇人変人に興味が湧くようになった」と熱弁。歴史上で自身と重なると思う人物を聞かれると、「似てるなーと思うと、小説なら次のページで死んでいます。そういう危ういのが好きみたい」と取材陣の笑いを誘う一幕も。歴史上に登場する好きなタイプの女性を聞かれると、「貂蝉(ちょうせん)」と三国志に登場する中国古代4大美女のひとりの名を挙げ、魔性ですか? と突っ込まれると、「魔性、いいですね。でもこれぐらいの年になると楽な人もいいな。両方ってダメ?」、「弄ばれたいって男の欲望としてあると思いますよ」などとストレートな物言いで、また笑わせた。

「三国志」DVD-BOXは12月10日(金)発売開始。



<レンタル>
第1部〜3部 レンタル中
第4部 2月2日(水)レンタル開始
第5部 2月18日(金)レンタル開始
第6部 3月2日(水)レンタル開始
第7部 3月25日(金)レンタル開始

<セル>
「三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX」
価格:52,500円(税込)
発売元:エスピーオー
発売日:12月10日(金)
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top