堺雅人 来年の抱負は「地味に過ごしたい」

最新ニュース

『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『武士の家計簿』大ヒット御礼舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『武士の家計簿』の大ヒット御礼舞台挨拶が12月15日(水)、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で行われ、主演の堺雅人と森田芳光監督が出席した。

今月4日(土)に初日を迎え、公開12日目のこの日で観客動員55万人、興行収入6億円突破の好成績。舞台挨拶を鑑賞中の観客約600人へは、品川神社の「一粒萬倍の泉」と呼ばれる霊水で清められたという5円玉の入った大入り袋が配布された。幕末、家族全員で質素倹約に努め、借金返済に勤しんだ下級武士一家・猪山家の柱・猪山直之を演じた堺さんは「こちらが猪山家です、おあがりください、とあがっていただく気分。これからも多くの人にあがっていただきたい」と晴れやかな笑顔を見せた。

同日、スタッフを代表して品川神社へお参りに行った森田監督は「一緒に行ったドライバーが、あるはずの200万円の振り込みがなくて嫌な顔をしていましたが、お金を洗った瞬間に振り込みがあったんですよ」と御利益があったことを証言。堺さんは「早いですね! 僕、帰りに寄って行こうかな」と興味津々。森田監督は「そのドライバーは、かなり切迫していたから。(切迫)していないとダメじゃないかな?」と苦笑いだった。

一方で年の瀬とあって、今年一年の感想と来年の抱負を司会者から求められた堺さんは、「今年は年明けからこの映画の撮影があって…酷暑と酷寒を行ったり来たりの1年でした。来年は地味に過ごしたいですね」と野心のない穏やかな笑み。森田監督は「来年は自分の力をもっともっとつけて、みなさまに喜ばれる映画をもっと作っていきたい」と張り切っていた。

『武士の家計簿』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top