オリヴィア・ワイルド インタビュー キュートな笑顔とクールな内面にドキっ!

最新ニュース

『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
  • 『トロン:レガシー』 オリヴィア・ワイルド
革新的な映像世界が人々の注目を集める一方で、その物語に関しては多くの謎を抱えたまま、ついに公開を迎える『トロン:レガシー』。ハリウッドの新鋭ギャレット・ヘドランドが演じる主人公のサムが足を踏み入れた、コンピュータの中の別次元の世界で彼を助け、導く謎の美女・クオラを演じているのがオリヴィア・ワイルド。「The OC」そして「Dr.HOUSE」と海外ドラマで注目を浴び、来年には主演作の公開も控えるなどいま、まさにブレイク寸前のオリヴィア。作品について、自らについて語ってくれた。

19世紀の文豪から付けられた名前に込めた意味は?

劇中ではミステリアスな印象を放つオリヴィアだが、実際に目の前で話す様子を見ると気さくでキュート! いきなり映画から離れた質問だが、“オリヴィア・ワイルド”という女優名は、彼女のもうひとつの故郷と言えるアイルランドが生んだ19世紀の文豪、オスカー・ワイルドから取られたというのは本当?
「ええそうよ。私がオスカー・ワイルドの大ファンだというのが理由なんだけど。私が実際にこれまで演じた芝居の中でも、彼が書いた『真面目が肝心』という戯曲は大好きな作品なの。彼自身、同性愛者ということで迫害され、収監までさせられてすごく過酷な運命を生きるんですが、それでも自分自身の生き方を貫いた。そういうところにもすごく影響を受けたわ」。

100年以上前の時代を生きた文豪の名前を取った女優が、近未来を舞台にした作品に出演しているというのも面白いが…。それはさておき、この映画は彼女にとって、これまで参加した作品の中で最も大きな規模の作品となる。「The OC」「Dr.HOUSE」やほかの映画作品で着実にキャリアを踏んできたが、今回、さらに大きなステップアップとなった。自身でも大きな変化や成長を感じる部分もあるのでは?
「そうね、これだけの大役をもらえたということは嬉しくもあり、また責任も感じるものよ。参加していく中で作品に対して“所有権”のようなものを感じるところもあるわね(笑)。その中で、与えられた役柄、演技に集中する、というところにとどまらず、キャラクターを脚本家や監督と一緒に作り上げていく、という感覚はすごく強かったわね。実際、このクオラという役がどのように発展していくか、自分の意見を取り上げてもらったところもあるの。そういった経験は初めてだったけど、この映画の現場に参加したおかげで、これ以降の新たな作品でも、同じようなアプローチで臨めているというのは感じるわ。『Cowboys & Aliens』(原題)という新たな作品でダニエル・クレイグと共演しているんだけど、そういう作品に主要な役柄で参加できることを名誉に思うと同時に、役を作り上げていくところから参加できるというのは興奮することよ」。

そう語る彼女の表情からはやはり、自信のようなものが感じられる。『Dr.HOUSE』では手強いハウスを相手に奮闘しているが、今回のクオラはまた違った印象が…。
「そうね、(『Dr.HOUSE』)レミーという役に関しては、皮肉屋ではあるけれど、賢明で落ち着いた大人の女性というイメージはがあるわ。一方で今回のクオラは若くあどけない、子供のような魂を持った女性という感じね。実際、『Dr.HOUSE』の撮影をしつつ、『トロン』の準備をするような形になったけど、ここまで全く違う役柄を演じるというのは楽しいものよ。この1年の間で同じような役でなく、かけ離れたキャラクターを演じられたというのは女優としてもすごく良いことだったと思うし」。

「あのスーツを着てウィッグを付けた瞬間、違う惑星に来たみたい」

物語の詳細はいまだ不明だが、あの“トロンスーツ”を着こなし、あの独特の髪型で人形のような美女のキャラクターを演じる(しかも世界は近未来!)というのはどんな気分なんだろうか?
「ウィッグを着けて、メイクを決めてあのスーツを着ると、その瞬間、違う惑星に来たような気分になれるの(笑)。本当に自分という存在から離れて役の人物になりきっているような感覚なのよ。そういう意味で悪くなかったわね(笑)。装着した瞬間からクオラになって、あとは自分の全想像力を駆使して未来の世界を生きたわ」。

自分という存在を離れて、と言うが、そもそものオリヴィア自身はどんな人間? 見た目のキュートさとは裏腹に、話している姿は26歳という年齢以上の落ち着きを感じさせるが…。
「ちょうど、ジャスティン・ティンバーレイクと共演している新しい作品の撮影で、同じようなことを言われたわ。というか、その作品で私はジャスティンの“母親”という設定なの(笑)。彼と同世代の私が60歳という設定なんだけど…。そのとき『きみは、古くて落ち着いた魂を宿しているから、(役を)こなすことができるはず』って褒め言葉として言われたのよ(笑)。まあ賛辞として私も光栄なことと受け止めてるんだけど。実際、私自身そうした落ち着きを持った人間に惹かれるというのはあるわね。ただ、一方でクオラ的な要素やすごく明るくて前向きな一面も持ってると思うわ。私が信念として常に持ってるのはこういうことなの。“自分が生を享けたときよりも、少しでもよりよい世界にして、この世に別れを告げたい——”」。

そう言ってニッコリと笑うオリヴィア。まずはクールとホットを併せ持ったクオラから、オリヴィアの魅力を存分に感じてほしい。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top