“魔性の女”吉高由里子の知られざる過去が明らかに?「生きることに欲深い」と告白!

最新ニュース

「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」 -(C) 『婚前特急』プロジェクト2010
  • 「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」 -(C) 『婚前特急』プロジェクト2010
  • 『婚前特急』 -(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ
  • 『婚前特急』 -(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ
  • 『婚前特急』 -(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ
  • 『婚前特急』 -(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ
  • 「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」 -(C) 『婚前特急』プロジェクト2010
新しいスタイルのドラマ配信プロジェクト「LISMOドラマ」第20弾作品「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」が1月7日(金)から配信されている。本作は2009年9月に配信したLISMOドラマ「婚前特急—ジンセイは17から—」の続編。独自の恋愛観を持つイマドキ女子高生だった主人公チエが、OLとなった4年後の恋愛模様を描いている。主演を務めるのは、同シリーズの“顔”である吉高由里子。少し“オトナ”になったチエについて、吉高さんがコメントを寄せた。

「チエの人生? 勢いがあるなって思います。それに生きることに対して、良くも悪くも欲深い感じ。ただ、奔放に見えて、実はすごく周りの目を気にする部分もあると思うんですね」と吉高さん。そんな“魔性の女”チエは今回も知らず知らずのうちに周りをふり回してしまうが、「恋愛って、追われると逃げたくなるし、逃げられると追いたくなる…というのが本能的にあるんだと思います。まぁ、ふり回されるほうは大変でしょうけどね(笑)」。ちなみに、吉高さん本人の恋愛観は「とにかく一緒にいて楽な人がいいな」と魔性とは程遠いナチュラル志向の様子。

今回は高岡蒼甫、中尾明慶、青木崇高ら豪華共演陣も見どころ。さらにこの春には、24歳になったチエの姿を描く映画『婚前特急』が劇場公開される。親友の結婚に刺激されたチエが、同時に交際するカレシ5人の中から、結婚相手を選び出すというストーリーだ。「チエというキャラクターはまだ模索中なんですよ。ただのチャラチャラしている女の子になってしまうのは私も嫌なので、その部分を考えながら映画につなげていきたいと思っています」という吉高さんの言葉通り、映画『婚前特急』を楽しむためにも、現在配信中の「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」は見逃せないのだ。

ちなみに、ドラマ「美丘—君といた日々—」(日本テレビ)や話題の超大作『GANTZ』など出演作が相次ぐ吉高さんの“ジンセイ”が始まったのはいつごろ? 「中学2年生ぐらいじゃないですかね。そのころ『私は大人になったのよ』っていう気がしたし、人格が形成されたと思います。でも“知識”と“経験”の意味の違いを感じたのは去年とか、今年に入ってからなんですよ」。違いのわかる女、吉高由里子の2011年が「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」と共に幕を開ける。

「LISMOドラマ」第20弾「婚前特急—ジンセイやっぱ21から—」は1月7日(金)よりauケータイまたはパソコンにて全4話無料配信(毎週金曜日、約5分間)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top