号泣でマスカラ注意! 韓国発『ハーモニー』試写会で9割以上観客が複数シーンで涙

最新ニュース

『ハーモニー 心をつなぐ歌』 -(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『ハーモニー 心をつなぐ歌』 -(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『ハーモニー 心をつなぐ歌』 -(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『ハーモニー 心をつなぐ歌』 -(C)   2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『ハーモニー 心をつなぐ歌』 -(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『ハーモニー 心をつなぐ歌』 -(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『ハーモニー心をつなぐ歌』 -(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
昨今、“泣くために”映画館に足を運ぶという女性がひそかに増えているという。仕事や普段の生活の中では、ストレスがたまったり、悔しい思いをしてもなかなか思い切り泣くわけにもいかない…ということで、あえて“泣ける映画”を観て、思い切り涙を流し、内に溜まったモヤモヤを吐き出すのだとか。そんな人にはもちろん、自然に感動の涙を流したい、という人にもうってつけの映画が韓国より到着した。女性刑務所での実話を基に製作され、韓国で300万人が涙したという『ハーモニー 心をつなぐ歌』。シネマカフェでは公開に先立って行った本作の試写会で観客にアンケートを実施。そこで、9割以上の観客が複数のシーンで涙するという衝撃の結果が…。

お腹に宿る我が子を夫の暴力から守るために殺人を犯したジョンヘ。獄中で出産するが、現行法では服役中の母親は、生後18か月で子供を手放さなくてはならない。悲しみに暮れるジョンヘだったが、ある日、慰問にやって来た合唱団の歌声に感銘を受け、刑務所内での合唱団結成を決意。所長からは、合唱団の成功を条件に我が子との外泊の約束も取り付ける。このジョンヘと子供のやり取りはもちろん、様々な事情を抱えた服役者たちのエピソードが描かれ、彼女たちが合唱をきっかけに変化していく姿が綴られる。

アンケートの「映画を観ながら何回泣いたか?」という質問に対して、全体の6割以上が3回から6回のいずれかと回答しており、10回以上と答えた人も複数。先述のように、9割以上が複数回のシーンで涙しており、前評判どおりの“号泣映画”であることが明らかに! ほとんどの人が鑑賞前から“泣ける映画”と認識していたそうだが、そのうちの5割ほどが「予想以上に泣けた」とも回答している。

さらに、「特に号泣したシーン」を尋ねる項目では、「ジョンヘが子供と別れるシーン」と「ラストシーン」を挙げる人が多かった。そのほかにも、各囚人のエピソードを号泣ポイントに挙げる人も多くみられた。ラストシーンも含め、どんなエピソードかは見てのお楽しみ! 号泣の理由を見てみると「私も子育てをしたので、子供を手放す母の気持ちを考えると心にせまるものがありました」(40代・女性)、「自分の母を思い出した」(30代・女性)など、母と子供の姿からわが身をふり返り、涙した人が多かったよう。ほかに「いろいろなわだかまりを吹き消すほどの美しいハーモニーは魅力のひとつ」(40代・女性)、「美しい歌声を聞いてさらに涙が出てきた」(30代・女性)、「自分の犯した罪の重さを理解する瞬間は涙が止まらなかった」(30代・女性)、「犯罪者も、ひとりの人間であるということを強く感じた」(40代・女性)など様々な声が。

登場人物別で見ると、やはりジョンヘ(キム・ユンジン)と子供の関係に涙した、という声が最も多かったが、それ以外でも、夫とその浮気相手を殺害して服役中の、元音大の教授であり合唱団を指揮するムノク(ナ・ムニ)や、声楽科仕込みの可憐なソプラノを響かせるユミ(カン・イェウォン)らの姿に号泣させられた、という人もかなり多かったよう。

ちなみに、本作に限らず「どんなときに泣ける映画を観たくなるか?」という質問には「ストレスがたまっているとき」、「すっきりしたいとき」といった回答が多数寄せられたほか、「人を信じられなくなったとき」、「誰かに会いたいとき」などという声も。やはり泣ける映画には様々な“効能”があるようだ。

なお、本作の公式サイトおよびTwitterでは、映画を鑑賞した人を対象に、どれだけ泣けたかを数値で映画の感想と共に募集中。流した涙の「粒」でカウントしているが、今回の試写会でもリサーチ。50粒、100粒…など集まった答えは様々だが、ここでも3割から4割が500粒、1,000粒と“号泣”を証言。今年公開作品の中でも1、2を争う“号泣映画”となりそうだ。月並みながら、ハンカチ、ティッシュのご用意とマスカラにご注意を!

『ハーモニー 心をつなぐ歌』は1月22日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿バルト9ほか全国にて公開。

『ハーモニー 心をつなぐ歌』特別試写会レポート
http://blog.cinemacafe.net/preview/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top