「LOST」ソーヤー役 J・ホロウェイ “惜別”インタビュー「これから寂しくなるね…」

最新ニュース

「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
  • 「LOST」 -(C) ABC Studios.
全米で2004年から放送が開始され、謎が謎を呼ぶ展開で6シーズンにわたり多くの視聴者の心を掴んできた「LOST」。全ての謎が明かされ、ついに終幕となるファイナル・シーズンのDVDが、日本でも1月19日(水)に発売となる。これまで数え切れないほどの個性的なキャラクターが登場し、時空をも超えてそれぞれの人物の様々なエピソードが語られてきたが、中でもひと際人気の高い、ソーヤー役のジョシュ・ホロウェイのインタビューが到着! ソーヤーという男、そして彼が迎える運命について、さらには作品や共演者に対する思いを6シーズン分熱く語ってくれた。

両親の死をきっかけに他人を信じず詐欺師として罪に手を染めてきたソーヤー。ジョシュ自身、当初は「性根の腐ったヤツ」という思いを抱いていたそう。同時に「そうした部分も演じていて楽しかった」とも。
「“誰も信用するな”、“常にその場の主導権を握れ”という防衛本能が最初の頃のソーヤーには常に働いてる。そのためなら誰かを傷つけたって平気なんだ。だけど、徐々に人生の教訓を学んでいく。そこが脚本家とこの作品のクリエーターがソーヤーのために用意した一番素晴らしい点さ。悪いことをすれば必ず直ちに因果応報があることを思い知るんだ。意地悪をしたり、人を利用したりすればいつもしっぺ返しを喰らう。そこがいいんだ」。

その後、徐々に内面をさらけ出し、変化を遂げていくのだが、ソーヤーが“良い人間”になっていくことに驚きもあったのでは?
「確かにちょっとね。だけど、ずっとワルになり過ぎてほしくないと思ってたよ。殺されてしまうんじゃないかって気になってね。キャラクターの寿命も考えて、できるだけ人間味のあるところを強調するようにしたんだ。最初は俳優としてそこが一番難しかったよ。ソーヤーは、オレが考えてたよりはるかに辛辣なヤツだから、人間味のあるところを見せるチャンスがあれば最大限に強調したんだ。脚本家の方もソーヤーをキャラクターとして進化させ始めてくれた。彼が悪いことをすると必ずしっぺ返しを用意して、うまくバランスを取ってくれたんだ」。

6年間にわたって出演してきたとあって、その思い入れの強さはひとしお。ソーヤーに、そして「LOST」に別れを告げる心境をこう語る。
「ほろ苦い気分だね。こんなに長いことやっていると、ソーヤーが自分の一部になってしまって、実在の人間みたいな感じでね。ドラマをやり始めた頃は、ソーヤーにそれほど入れ込んでいなかったんだ。脚本家がうまく書いてくれるだろうから、その通りに演じればいいってね。だけど、ファイナル・シーズンはとても心を込めて演じたよ。心底入れ込んで、最高のソーヤーにしようと決めたんだ」。

ジョシュは、ソーヤーに関してどのような“結末”を望んでいたのだろうか?
「オレはただ、ソーヤーにもう一度人生をやり直すチャンスがあればいいと願ってただけさ。でも、たとえ島を出るにしても、きれいな白紙からの人生じゃいけない。過去に悪いことをしてきたわけだから、その償いは必要だよ。この島は、それぞれの人物が自分の中の悪魔と対峙し、そこから成長したり死んでいったりする場所なんだ。ソーヤーには最後に幸せな人生を送るチャンスを与えてやりたかった。くだらない死に方をさせられるんじゃないかと心配してたんだ、カエルを救おうとして死ぬとかさ(笑)。オレは、それよりはマシな最後にしてほしいって願ってただけ。島での教訓を生かした人生を送り、ドラマの最終回まで登場してほしいなぁ、とね」。

ドラマ全体を通して見ても、ひとつ前の「シーズン5」で、ソーヤーが愛するジュリエットを失うシーンは最も印象深いシーンのひとつとしてファンの心に刻まれている。あの場面の撮影についても明かしてくれた。
「あれはきつかったよ。でもやりがいもあったね。アーティストとして、ああいうシーンはキャリアの中でいつかはやってみたいと願うものだよ。同時に怖気づいて『おい、ホントかよ? いったいどうやったらいいんだ?』とも思う。それでも、そのチャンスが待ち遠しかったよ。オレは高い滑車装置から吊り下げられていて、安全のためにズボンの後ろ側を支えてもらってた。演技に入ろうとするんだけど、周りではいろんなことが同時に起こってる。ピットからはジョークが聞こえるし、気が散ってしょうがない! だから神経を集中して周りを遮断し、やるべきシーンにのめり込んだよ」。

そしてもうひとつ、ファンにとって気になって仕方ないのが、ソーヤー、ジャック、ケイトの3人の関係がどのようなフィナーレを迎えるのか? 同じく前シーズンでは、ジャックとソーヤーの壮絶な戦いもあったが…。
「あれは楽しかったね。ああなるのはずっと前から2人とも分かってたから、ついに喧嘩になったって感じだった。分かりきったことじゃないか。2人で『やっと来たな』とよく話し合ったんだ。おかげで予想以上にうまくいったよ。というのも喧嘩のシーンには間合いがあって、感情移入が必要。2人とも、どういう気持ちで喧嘩に臨んだのか? それがないと、ただの殴り合いになっちまう。ともかく楽しんでやれたよ。いい喧嘩だった(笑)」。

もちろん、結末は見てのお楽しみ。思い出深いシーンをふり返りながら、ジョシュの口からは「「LOST」の中でもこういう特別な思い出は忘れ難い。だからこれから淋しくなるね。終わってほしくなかったよ…」と素直な想いが…。おそらくそれはファンの心情とも言えるだろう。ひとつの時代が、歴史が幕を閉じる——。

「LOST ファイナル・シーズン COMPLETE BOX」[DVD]
価格:15,750円(税込)
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
発売日:1月19日(水)

© ABC Studios.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top