S・コッポラ、ルイ・ヴィトンのパーティに華麗に登場!冨永愛はセクシードレスで…

最新ニュース

『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
  • 『SOMEWHERE』レセプションパーティ
第67回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した映画『SOMEWHERE』の日本公開を記念したプレビュー&レセプションが1月22日(土)、ルイ・ヴィトン六本木ヒルズ店で華やかに開催され、現在来日中のソフィア・コッポラ監督が、主演のスティーヴン・ドーフと共に来場した。

ソフィアはルイ・ヴィトンのコア・ヴァリュー広告に父親のフランシス・フォード・コッポラと登場するなど親しい交流を築いている。もちろん、この夜はヴィトンのコレクションに身を包んでのご登場だ。2009年に同ブランドとのコラボレーションによる“SCバッグ”を発表し、今春には待望の新作「ミルク」、「チェリー」がラインナップに加わる。「新作のバッグを気に入ってもらえると嬉しいわ」とPRを忘れなかった。

レセプションには寺島しのぶ、冨永愛、水原希子、歌手のICONIQ、クリス・ペプラー、映画コメンテーターのLiLiCoら国内のセレブリティも多数招待された。水原さんは「パーティなので普段はできない格好をと思って。ちょっと露出してみました」とラップドレスにご機嫌。春を先取りしたブラウスを着用の寺島さんは「冬着るにはちょっと寒いかな。ダンナからのプレゼント? それはないです(笑)」。大胆な露出でドーフをはじめ、会場の視線を独占した冨永さんは「やっぱりドレスはモチベーションが上がりますね」とさすがの存在感だった。

映画の舞台はハリウッドにある伝説的なホテル、シャトー・マーモント。そこで奔放なセレブ生活を送る俳優ジョニー・マルコ(ドーフ)は、前妻との間にできた11歳の娘・クレオ(エル・ファニング)と再会。 共に過ごす時間を通して、マルコはふわふわと漂うような自分の現状を見つめ直し始めるが…。著名人を父に持つ境遇や、出産経験などソフィアのパーソナルな側面が押し出され、ソフィア自身も「初めて男性目線で撮ってみたの」と認める新境地の一作だ。

『SOMEWHERE』は4月2日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top