妻夫木×松ケン共演映画主題歌で真心ブラザーズと奥田民生がB・ディラン名曲をカバー

最新ニュース

映画『マイ・バック・ページ』主題歌としてボブ・ディランの「My Back Pages」をカバーすることになった真心ブラザーズと奥田民生
  • 映画『マイ・バック・ページ』主題歌としてボブ・ディランの「My Back Pages」をカバーすることになった真心ブラザーズと奥田民生
  • 『マイ・バック・ページ』 -(C) 2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会
  • 『マイ・バック・ページ』 -(C) 2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会
妻夫木聡と松山ケンイチの初共演作で、実際に起こった事件を基に60年代から70年代を駆け抜けた若者たちの青春を切り取った『マイ・バック・ページ』。本作の主題歌として、ボブ・ディランの名曲「My Back Pages」を真心ブラザーズと奥田民生がカバーすることが決定した。

本作は映画評論、翻訳、エッセイなど多岐にわたって活躍する川本三郎が、1969年から72年までのジャーナリスト時代を綴ったノンフィクション小説(平凡社刊)が原作。川本さん自身が深く関わることとなった実際に起きたある重大な事件を中心に、理想に燃えるジャーナリストと彼を挫折へと追い込んでいく左翼の活動家の若者の青春、闘争、葛藤が描かれる。

原作のノンフィクション小説のタイトルの基になっているボブ・ディランの「My Back Pages」は、1964年に発表されたアルバム「Another Side of Bob Dylan」に収められた楽曲。「あのとき私はいまよりも老けていて、いまはあの頃よりずっと若い」など、特徴的な歌詞で広く支持を集める名曲で、ディラン自身の過去の闘争的な内面風景が反映させたとされる。これまでに多くのミュージシャンによってカバーされており、真心ブラザーズはすでに過去に一度、日本語の歌詞でカバー。そのときの楽曲は、ディラン自身が主演を務めた映画『ボブ・ディランの頭のなか』('05)のオープニング・テーマとしてサウンドトラックにも収録されている。

今回、本作の主題歌としてカバーするにあたり、奥田さんが英語の詞で、真心ブラザーズのYO-KINGが日本語の訳詞で歌い分けている。YO-KINGは今回の発表に際し「OT(※奥田民生)と真心で、ぐっとくるカバーやりました。英語と日本語の混合です。すばらしいです。泣けます。夢にでてきます。免疫が強まります。ご飯がおいしくなります。風邪をひかなくなります。早寝早起きになります。やせます。モテます。人気者になります。本当かな。なるかどうかは聴いてからのお楽しみ」というノリノリのコメントが到着。一方、奥田さんはひと言「まごころこめてやりました!」。

主演の2人も主題歌を聞いて深く感じ入るところがあった様子。妻夫木さんは「ふり返る思い出たち。いいことも悪いことも、いまとなっては愛しい。人から人へと繋がる思い。心に響きました」、松山さんは「世界観にとてもあっていて素晴らしいです! とても光栄です!」とそれぞれ“真心×民生”バージョンの「My Back Pages」に対する感想を寄せてくれた。

メガホンを握る山下敦弘監督からも「この曲を初めてスタジオで聴いた時、楽曲それ自体の感動はもちろんのこと、3年間いろんな葛藤を経て作ってきた『マイ・バック・ページ』という映画が奥田民生さんと真心ブラザーズさんたちに唄っていただいたことで、ようやく終わることができると確信し、監督としてひとり感動していました。僕の両肩に重くのし掛かっていた“1960年代”という荷物を降ろしていただいて本当にありがとうございました」と強い思いのこもったコメントが到着している。

激動の時代の中を駆け抜け、理想に燃え、傷つき、もがく若者たちを優しく包みこむ「My Back Pages」。現代を生きる我々の胸にどのように響きわたるのか——?

『マイ・バック・ページ』は5月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top