恋愛女子にエール! 沖縄出身の新人バンド『高校デビュー』主題歌でメジャーデビュー

最新ニュース

『高校デビュー』の主題歌を歌うことになった「7!!(セブン・ウップス)」
  • 『高校デビュー』の主題歌を歌うことになった「7!!(セブン・ウップス)」
沖縄出身の4人組バンド「7!!」(セブン・ウップス)のメジャーデビュー曲「フォーリン・ラブ」が今春公開の映画『高校デビュー』の主題歌に起用されることが分かった。2004年に沖縄で結成され、キマグレンのオープニングアクトなどで注目を集めた彼らが華々しい“デビュー”で恋する女子にエールを贈る。

原作は、別冊マーガレット(集英社刊)で2003年から2008年まで連載され、累計590万部を突破している河原和音の同名コミック。中学時代を部活一筋で過ごした晴菜が高校では恋に全てをささげることを決意し、校内No.1のモテ男のヨウに“モテコーチ”になってもらい、理想の恋を求めて奮闘する。ヨウを演じるのは溝端淳平。雑誌「セブンティーン」(集英社刊)のモデル・大野いとがヒロイン晴菜役で“映画デビュー”を果たす。また、菅田将暉、逢沢りな、古川雄輝、宮澤佐江(AKB48)らティーンの支持を集めるフレッシュなキャストが勢ぞろい。監督は『ハンサム★スーツ』の英勉。

今回、メジャーデビュー曲がいきなり映画主題歌に大抜てきされた7!!は、NANAE (ボーカル)、MAIKO (ドラムス)、 KEITA (ベース)、MICHIRU (ギター)の4人組。NANAEの呼びかけで結成され、2009年には逗子で行われたライブイベント「音霊(オトダマ)」にキマグレンのオープニングアクトとして出演し、好評を博した。昨年は「海千山千〜第一幕〜」(出演:キマグレン/Hi-Fi CAMP/Rake)のオープニングアクトで初の全国ツアーも経験。FM沖縄「Radio dub」内でレギュラーコーナーもスタートする。

メンバーのひとりであるMAIKOは「『高校デビュー』の主題歌に決定したことを聞かされたときは、ほんとに驚きと嬉しさでした! ひょんな出会いからすべてが始まるストーリー。7!!の歌詞に出てくる女の子像と重なる部分があってすごくおもしろいと感じました。ドキドキとワクワクが止まらない素敵な出会い! そんな楽しみが作品、音楽ともにたくさんの人に伝わって頂ければ嬉しいですっ! ほんとにありがとうございますっっ!」と大興奮。恋愛にあこがれるヒロインを応援すべく、いまからやる気満々だ。また、1998年に大ヒットした「Puffy」の「愛のしるし」を劇中の挿入歌としてカバーすることも決定。誰もが知る名曲をどんなアレンジで披露するのかも楽しみだ。主題歌「フォーリン・ラブ」は3月30日(水)リリース。

『高校デビュー』は4月1日(金)より新宿バルト9、池袋テアトルダイヤほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top