『カーズ2』出演の日本キャラが世界先行公開! その名もシュウ・トドロキ

最新ニュース

『カーズ2』 -(C) Disney/Pixar.All Rights Reserved.
  • 『カーズ2』 -(C) Disney/Pixar.All Rights Reserved.
昨年、世界中を暖かな感動で包んだ『トイ・ストーリー3』に続くディズニー/ピクサーの最新作『カーズ2』に、日本キャラクターが登場することが分かった。その名は“シュウ・トドロキ”。本作で主人公の天才レーサー“マックィーン”らと共に、世界中のトップ・レーサーが競い合うワールド・グランプリ・シリーズに出場するシュウの画像が世界に先駆け、日本でのみ初公開された。

圧倒的なスケールとスピード感、そして個性豊かなキャラクターであらゆる世代をトリコにした冒険アドベンチャーの第2弾。いまや『トイ・ストーリー』シリーズのウッディ&バズに勝るとも劣らない人気を誇る天才レーサー“マックィーン”と、おんぼろレッカー車の“メーター”の名コンビが今回、ホームグラウンドであるラジエーター・スプリングスを飛び出し、ワールド・グランプリ・レースに挑むことに。日本を皮切りに、パリ、イタリア、イギリス…と、世界を舞台にした“スパイ戦”に巻き込まれる。

おなじみの人気キャラはもちろんのこと、ミステリアスな“スパイ”や世界を股にかけたストーリー展開にちなみ、各国のご当地キャラがお目見えするのも『カーズ2』の大きな見どころ。日本代表として登場するのが、シュウ・トドロキだ。彼は浅間山のふもとで育ち、若くして鈴鹿サーキットのチャンピオンに輝いた天才レーサー。日の丸を意識した白地に赤のボディカラーが印象的な車体は、クールな流線型。ボディに描かれた赤い火竜は、日本の伝説に登場する小さいながらも猛攻な竜に由来する。シュウのドライビングもまた、竜のごとく、一点突破の力強さが魅力となっている。ボンネットに漢字で大きく記された「日本」の文字もまぶしい。

ディズニー/ピクサーが舞台となる日本をいかに描き出すかも楽しみなポイント。かつて『モンスターズ・インク』にユニークな日本料理屋が登場したが、今回もあっと驚く“ニッポン”像を見せてくれるはずだ。メガホンを取るのは前作に引き続き、ジョン・ラセター。そして『レミーのおいしいレストラン』のプロデューサーで、『崖の上のポニョ』の英語吹き替え版の監督も務めたブラッド・ルイスが共同監督を担当する。今回の“シュウ”世界先行公開で、ピクサー設立25周年記念作『カーズ2』が、ライバルひしめく夏休み映画のグランプリに輝くべく、いち早くアクセルを踏んだ形だ。

『カーズ2』は7月30日(土)より全国公開、ディズニーデジタル3D、一部劇場にて2D公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top