岩井俊二『ヴァンパイア』ベルリン映画祭出品が決定! 蒼井優を起用したワケとは?

最新ニュース

『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
  • 『ヴァンパイア』 -(C) 2011 Rockwell Eyes Inc. All Rights Reserved
先月開催されたサンダンス映画祭でも上映された、岩井俊二監督の全編英語による最新作『ヴァンパイア』が、2月10日(現地時間)より開催される第61回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されることが決定し、岩井俊二監督からコメントが到着! 唯一の日本人キャストととなる蒼井優の起用の理由や役どころについても語ってくれた。

俗に言うところの“ヴァンパイア映画”とは趣が異なるとも言われる本作。主人公は、仕事熱心で認知症の母を介護する高校の生物教師・サイモン。一見、真面目そうな外見とは裏腹に、彼は若い女性の血を飲みたいという欲求を抑えられずにいる。血を求めて自殺サイトを徘徊し、自殺志願者の娘たちを言葉巧みに誘い出していくのだが…。“ヴァンパイア”と呼ばれた男と彼に血を提供した女たちの物語が展開する。

岩井監督にとってベルリン国際映画祭への参加は『undo』、『PiCNiC』、『リリイ・シュシュのすべて』に続き4回目。岩井監督も現地入りし、舞台挨拶とティーチインに参加するとのこと。「観て、何かを感じてもらえると嬉しいです」と静かに意気込みを語った。作品については「この物語を最初に書き始めたのは、もう10年以上前でもあり、内容もヴァンパイアの映画ではないので、最近のブームとはあまり関係ない映画です。改めてふり返ると、命とは、という予想外に大きなテーマを描こうとしていたんだなと感じます」とやはり、現在、ハリウッドを中心に次々と製作、公開されている“ヴァンパイア映画”とは異なるということを強調。

本作でハリウッド長編デビューを果たす蒼井さんの起用理由に関しては「彼女にやってほしい役があったからです」と説明。気になるその役どころはというと、「交換留学生の役です。高校生なので実年齢的には無理がありましたが、カナダの本物の高校生の中に入ると、むしろまだ幼く感じるぐらいでした。カナダの高校生は貫禄あり過ぎです」と明かしてくれた。

今回、到着した画像では凛々しい顔が印象的の蒼井さんのほか、サイモンや彼に誘い出されたと思しき女性たちの姿が。いくつかの画像では真っ白い風船のようなものが写っているが、これは何を意味するのか? 謎は深まるばかりだ。

『花とアリス』から7年、『市川崑物語』から5年。岩井監督は果たして何を見せてくれるのか? 『ヴァンパイア』の日本公開は2011年を予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top