井上真央、竹野内&唐沢コンビに虫を食べさせられた?

最新ニュース

『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』初日舞台挨拶
  • 『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』初日舞台挨拶
  • 『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』初日舞台挨拶
  • 『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』初日舞台挨拶
映画『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』が2月11日(金・祝)、公開を迎え、主演の竹野内豊をはじめとするキャスト・スタッフ陣による舞台挨拶が行われた。映画の内容とは打って変わった陽気な舞台挨拶の最後に思わぬサプライズが!

戦争末期のサイパン島における実話を映画化した本作。大場栄大尉(竹野内さん)率いる部隊が、圧倒的な兵力を誇るアメリカ軍と激闘を繰り広げる姿が描き出される。

竹野内さんに井上真央、山田孝之、阿部サダヲ、中嶋朋子、岡田義徳に唐沢寿明、日本軍のパートを演出した平山秀幸監督とアメリカ軍のパートを担当したチェリン・グラック監督という錚々たる顔ぶれが並んだこの日の舞台挨拶。最初に挨拶するのはもちろん、竹野内さん。司会者に紹介され、口を開こうとしたその瞬間、なぜか唐沢さんが自分が喋る気満々で一歩前に進み出る。唖然とする周囲をよそに唐沢さんは表情で「俺じゃないの?」とアピール! これには客席もほかの登壇陣も爆笑、竹野内さんは笑顔で「唐沢寿明です!」と挨拶し、会場は再び笑いに包まれた。

これを皮切りに、陽気な舞台挨拶がスタート。山田さんが「雪がワァワァ降る中、某ボクシング映画(※同日公開の『あしたのジョー』)もあるのに、こちらの来ていただいてありがとうございます。僕から言えるのは…それだけです」と言ったかと思えば、唐沢さんは「久々に会ったら阿部くんは太ったし、山田くんは足が短くなった。岡田くんはアメ横の中田商店(※ミリタリーショップ)の店長みたいになって…」などなど、過激な挨拶で会場を盛り上げた。

さらに司会者から映画のタイトルにちなんで「最近、起きた奇跡は?」、「○○と呼ばれた経験」という、映画の内容とはかけ離れたお題が出され、これには登壇陣からブーイングが…。竹野内さんは「(撮影が行われた)タイで、井上真央ちゃんが虫を食べたのが奇跡ですね」と明かすと、すかさず井上さんは「食べさせられたんです!」と反論。井上さんによると、竹野内さんと唐沢さんと共に屋台に行って「食べさせられた」そう。唐沢さんは「俺はカンケーねぇよ!」と“無実”を訴えていた。

井上さんは最近起こった奇跡として「新年会のじゃんけん大会で、100人くらいの中で優勝しました」と語ったが「運を全て使い果たしたかも…」と少し心配そう。阿部さんは、「小中学校のときはもう少しふっくらしてたんですが、その頃、グリコ森永事件が起きまして…。“キツネ目の男(※事件の犯人として警察が作った似顔絵の男)”と呼ばれていました」と自身の経験談を披露。

ムチャなお題のせいで微妙な空気のまま舞台挨拶終了か? と思われたが、最後の報道陣向けの写真撮影の最中に劇場の後方から、劇中でも歌われている軍歌「歩兵の本領」が聞こえ始める。歌っていたのは、本作で竹野内さん演じる大場大尉が率いた部隊の兵士を演じた、通称“平山30(さんまる)隊”の面々。キャスト陣には完全サプライズで、初日を祝うためにほとんどのメンバーが、竹野内さんがデザインしたTシャツを着用して集結した。

隊のリーダー・長谷部氏から花束を手渡された竹野内さんは思わず長谷部氏をハグ! 「本当に…びっくりしました。彼らなしではこの映画は完成し得なかった。胸がいっぱいで何と言っていいか…」と感謝の言葉を述べ、会場は温かい拍手に包まれた。

『太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top