伊勢谷友介 高額なCG代の行方は「ダイエット」 『あしたのジョー』初日

最新ニュース

『あしたのジョー』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『あしたのジョー』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『あしたのジョー』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『あしたのジョー』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『あしたのジョー』の初日舞台挨拶が2月11日(金・祝)、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主人公・矢吹丈役の山下智久、ライバル力石徹役の伊勢谷友介ら主要キャスト5人と曽利文彦監督が顔を揃えた。  

1960年代後半から70年代前半に週刊少年マガジンで連載された同名ボクシング漫画(原作・高森朝雄(梶原一騎)氏、画・ちばてつや氏)の金字塔の実写化で、ドヤ街でケンカに明け暮れていたジョーが、元ボクサーの丹下段平(香川照之)にボクシングの才能を見いだされ、宿命のライバル力石との対決に挑むまでを描く物語。

「山P〜!」の大声援で迎えられた山下さんは「最初にお話をいただいたときは、すごい国民的漫画で、たくさんファンがいるキャラクターなので迷いがあった。でも原作を読ませていただいて、ジョーが立ち上がる、挑戦する姿に男として魅力を感じ、僕も大きな役に挑戦しようと思った」と清々しい表情としみじみした口調で、ふり返った。  

対照的に伊勢谷さんは「今日からネタバレ、ありですよね? 僕、死んじゃうんですよ、知っていました?」。CGなしの計量シーンについても「CG代もらっていたのでダイエットにつぎ込みました。結構な額だったので真剣に…」と舌好調。と言いつつも「力石役をやらせていただくことが、それ(減量)を乗り越えることでだいぶ楽になりました。すべて楽しんでやらせていただきました」とストイックな素顔をのぞかせた。  

また山下さん、伊勢谷さん、香川さんは挨拶後、ボクシングのWBC世界ミニマム級タイトルマッチ(神戸ワールド記念ホール)でチャンピオンのオーレドン・シッサマーチャイ(タイ)に挑戦する井岡一翔の応援に駆けつける予定。山下さんは「とっても楽しみです」と瞳を輝かせ、ボクシングへの傾倒ぶりをうかがわせた。

一方、バレンタインデーが近いとあって、紅一点の白木葉子役・香里奈が男性陣へチョコレートのプレゼント。香里奈さんが、大きな箱を開けると、チャンピオンベルト型という風変わりなチョコが登場。「映画のチャンピオンになれますように!」と願をかけると、山下さんは「なれますかね? こんなチョコが出てくるとは思わなかった」と驚きまじりの笑顔を見せていた。

『あしたのジョー』は全国東宝系にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top